幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

嫌われる人ほど良いことに結びつけるのではないのだろうか?っとふと疑問に思いました!!

f:id:minticecream:20180815204431p:plain





おはようございます。結城です。
当ブログ色々なことを書きすぎて、何がメインなのかはわからなくなっている雑記のようなブログです。
そんな中、結構古くから検索によって訪れてくる方がいます。


それが『嫌われる方法について』ですね。
これに関しては、賛否両論あるかと思われる題材です。
はたして、生きていく中で何が一番選択すればいいのやらといった具合に悩むものです。


そもそも人は好かれることが一番良いと考えています。
それは別に人に限った話ではないのですし、生き物である以上好かれた方が気分としてはとても良いものです。
しかし、中には自ら嫌われるようなことをしてくる方もいます。


それをすることによって、何がその人にとっての利益なのか?といった疑問が発生してくることでしょう。
簡単ではありますが、嫌われることによっての利益とは何か?


一生のうちに疑問に思ったことをそのままにするか、検索して調べるか?それに欲求というものが人にはあります。
好かれさえすれば、好いている人から様々な情報を得ることができる反面、嫌われている場合はそれほど多くの情報を得ることができません。
この点だけを見たら、どう考えても好かれている方が良いのです。


しかし、こういった点だけを見たらそのようになりますが、人から好かれない。嫌われている人に取る周りの反応を考えてみてください。
大体の場合、その人の細かな部分まで見えてくるのです。普段何しているのだろうか?嫌いだからこそ、その人の細かな部分を見て、今まで発見できないようなミスさえも発見するようになるのです。
結果指摘しだすのです。それが、不利益か?と言われると、真逆であり、そのような指摘を改善していくことができる。自分のわからなかったことを指摘された!改善できる!といったポジティブな方に考えることが容易にできるのです。


嫌われる。=好かれている。


何かの情報を発信している人の多くはこれを理解していると思われます。
炎上が今や日常茶飯事レベルのことになりましたが、それでも炎上しなければ無関心であったのに対し、いくら嫌い嫌いといってもその炎上した人の利益になる場合が特にあります。
バカッターのような後先考えないような人は除きますが、情報発信している人に関しては、それが逆にチャンスになることの方が何分大きいのです。


嫌われているから、細かな部分を指摘される。その分ファンになってもらっている。
無関心ならそもそもそこまで細かな部分まで見られないです。
小説家になろうで炎上していた『無職の英雄』も問題があって、私たちの目に留まるようになったわけです。


それを利益として転換するかはその人の技量次第なのですけどね?
このように嫌われた方が利益になるんじゃないのか?といった考えを持つ人は多く、わざとそのように行動している場合も少なくないです。
嫌われることの本当の意味は無関心ですからね。


以上です。ありがとうございました。

まだ気づかない人に朗報!!『年齢=偉い』の構図はもうとっくの昔の終わってますよ!!

f:id:minticecream:20180808124903p:plain




おはようございます。結城です。
人は少なからず、一生のうちに様々な体験をしてなくなりますね?
その体験が良いことだったり、悪いことだったりとそれも人によってかわっていきます。


今や、ニュースでもたびたび報道されてきています。
若者による児童虐待といった問題。ほぼ社会現象といっても過言ではないくらいにまで発展しています。そもそもこの手の問題は昔からたくさん言われ続けていたのですが、ようやく世間の目に届くようになった!っと考えたほうがよろしいのかもしれませんね。


そんな最悪な環境から大人になった人と勉強をし何不自由なくただ単に社会にでて同じ会社に勤め続けて退職して、残りの余生は自由に過ごす!
この二つのルートのお話を聞くとしたら、この記事を読んでいる人は、どちらを聞きたいですかね?といったお話です。


細かく話を書いていないのですが、それでも半々に分かれることでしょう。
最悪な環境から、どのようにして脱出し今を楽しく過ごせているのか?未来はどのような考えを持っていたのか?などなど。
今の日本で会社に勤め退職といったことは、実に簡単にまとめられることとなり、一日一日を同じような感じで進んでいき、結果として記憶に残らないようなことになったりします。


しかし、前者の方に関しては、一日一日何が?どのようなことが起こるかがわかりません。
下手すれば、いつでも脱走できるのにしない!それは、のちにやってくる恐怖があるからでしょう。明日死ぬのかな?明日は今日よりも怖いことが起こるのかな?
そんなことを考えると結果的に一日一日の重みが強くなっていきます。


この体験を大多数がうけていることではないので、難しいのですけどね。


そんな例外がある中でも、SNSやその他のメディアを通じて情報を得ている若者、若者じゃなくてもその手のものを取りこんでいる人。
そのような人とただゴマすりをし、偉い立場になった途端下をいじめるようにして、最後は自分の手柄にし、その会社は倒産したり、転職した際自分はこの年齢までこのような偉いことをしていた!この年齢だから偉いのだ!といった害あるもの。


どちらの言うことを信じますか?あるいは、聞きたいですか?
ここ最近ニュースに取り上げられましたね。裁量労働制の自主点検結果の公表。
自主点検の結果でさえも、違法をしていたとされる企業が多くありました。


このような違法をしている企業の上層部の多くは、バブルを体験し、豊かな暮らしをしていたとされるものたちばかりでしょう。
年齢=権力、偉いぞ!いった古き考えがいまだに残っているのです。
結果として、このような俺がルールだ!といった感じのことをしてしまう。


このニュースでもし抜き打ちなどをした場合、もっとひどいことが起こるでしょうね。
下に有能がいても、無能が上にいれば無能になる。
自分のおもちゃのように部下を使う。結果やめていくが、何が原因か本当にわかってない。


考えようとしてないのが丸見えなのですね。
会社は倒産し、路頭に迷い見つけた職場では新しいものが取り入れられまくりのところであり、年齢だけでのし上がってきたものはいらないといった考えが当たり前になっている世界の中で、生きていくことができるわけがないです。


それでもわからない年齢厨の方は、新しい職場でも年齢を武器にし言い放つ。
しかし、今回の場合は自分が一番下なのを理解しておらず、周りからは距離を置かれる立場になるわけです。そんな感じの世界なのですね。今は。


『人は変わらない。』この言葉はとても良い言葉であり、とても悲惨な言葉でもあります。
どちらの意味でも捉えれる言葉だからこそ、名言もあるのかもしれないですね。
まだこのような考えの人がたくさんいることに驚きなのですが、いい加減周りを見ましょ。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:新しいことを受け入れるといった簡単なことをどうしても無理な人は結構いる。

創作活動の中で、行き詰まりなどがあるかと思いますが、一度深呼吸をしてから望んだほうがかえって良いものができる可能性があるよ!!

f:id:minticecream:20180807122610p:plain




おはようございます。結城です。
世の中には数多くの趣味が存在します。これからだとビックサイトにて始まる創作活動で有名な祭典がありますね。
その場所にもありますし、当ブログでも相当長い時間かけて考えていることもあります。


そもそもそれが原因で投稿してなかったりと大きな問題になる一つの要因がありますね。
『 行き詰まり 』です。
ゲームなどで例えるとやる気やモチベーションの低下がそれにあたります。


ブログなどだと特にそれが確実に現れていくのではないのでしょうか?
そもそもブログといった分野は、誰もが簡単に0円で始めることが可能なとんでもなくイージーなものです。
したがって、すぐに諦めてしまう人は多いです。


大体この手のものをやっている。創作活動をしている人は少なからず注目されたい自己顕示欲があるかと思われます。
これがないと情報発信する意味も問われるのですけどね。Twitterなんかがそうでしょう。
SNSで店のもの盗んでみた!装置に入って焼け死んでみた!などを投稿し、逆に注目されて間違った方向なのにもかかわらず、自分が有名人だと考えてしまう。


どれもこれも一緒です。自信や自己顕示よくがないと世の中生きていくことすら普通に考えて不可能でしょう。
自分をよりよく見せることをして皆に注目される。人として自然なことです。
そんな自然なことでやはりやってくるのが『 行き詰まり 』というものです。


小説家になろうを見ているのですが、そこでも多く見られます。
完結しない作品、続いているのならよいのですが、2~3か月ほど空いている。下手すれば3~5年ほど空いている。
そのような作品が投稿されている作品の半分以上は占めているといわれています。


ネットに一度残した痕跡は一生なくならならず、気が付いたら有名になっていた!なんていう話も今となっては不思議ではありません。
しかし、一日、一週間、一か月このような短い時間の中で、成功!に結び付けなければ、すぐ捨てる人は後を絶ちません。
それほどにまで、行き詰まりって怖いものなのです。


成功したらそのまま続ける人はいるでしょう。ですが、長く続けていても何も反応がないとなると、やがてどのようにすれば成功するのか?注目するのか?といったネタを考え始め
結局のところ、わけわからなくなり、行き詰まってしまう。悪い例です。
そもそも、この行き詰まりについては、成功してもやってくるものですし、逆に皆から見られているということが一番の辛いところと話す人もいます。


楽しみにしてもらっているのは申し訳ないですが、今の自分の脳内にある妄想をそのまま文章にはできないのです。
なぜならば、読者の考えている結果と、自分が思い描いている結果どちらを優先すればいいのかわかりません。両者が得するような考えをだすこともできません。
読者のことを考えて投稿しても、筆者がそのような展開を描いたとして、かえってやる気がそがれてしまったら元も子もありません。


このようになり、自分にとっても読者にとってもつまらなくなる作品に変化してしまうのです。
それを阻止するために試行錯誤の結果『行き詰まる』といったケースが後を絶ちません。
結局何が良いのかはわかりません。しかし、そんな時だからこそ、そこから手を放し、別の分野に視野を広げることができればもっと良い創作活動ができるのではないのでしょうか?


一生付きまとうからこそ、0スタートの人にはこの問題の解決の仕方を自分なりに考えるのは良いことです。
逆にこれを最初に考え流す力ができたら、あなたは晴れて楽に物事をこなすことができるでしょう。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:小説家になろうは結構叩かれてるけど、設定や物語を1から考えるのって相当素晴らしいと思う!!