幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

怖い夢?恐怖の夢?悪夢?私が最近見た夢

f:id:minticecream:20151213144806j:plain


お題「最近見た夢」



最近色々とあったのだが、それのせいで様々な夢を見たりする。
様々なことがあったといっても、そこまで忙しい日々を送ってないのだけど。
よくわからない。


それが、『 怖い夢 』というか、悪夢というのだろうか・・・



今回は最近私が見た夢について書いていく。


奇妙なその夢
怖いのかもしれないその夢


夢は誰しも見る。
それを起きたときに覚えてるか、覚えてないか?
その違いで夢を見た!あるいは見てない!っと言うのだろう。
たぶん。。。



ここ最近で見た夢は言葉で詳しく表すことができるのか
心配なところ・・・



この夢を書いたせいで何か起こったら怖いのだが・・・
まぁ~書く



私は夢の中で、とあるものに会い追いかけられた。
そのとあるものは『 人 』であり『 人 』ではないものだった。
私自身、なぜかよくわからないのだが『 怖い夢=悪夢 』が好きみたいなのだ
普通なら、怖い夢を見るとその後起きても眠れないなどの不眠症的なことが起こるのだが、私はもともと怖い映像や映画・心霊写真など怖いものが好きな人だ


幸か不幸かそれの影響で、怖い夢を見ても眠れないなどのことが起こらないかった。


その時の夢は何かに追われていた。




最初から話すとこうだ。


私は自転車で自分の家に帰るところだった。
そのときは夜の9~10時頃
周りには車や人などはいなかった。
あるのは一軒家や工場など・・・
すると、後から光が走ってきたのだが、それが異常な光り方だった。
普通の自転車の光り方とは全くの別物だとその時は思った。


ふと後を振り返ってその光は何なのか?を見た。
だが、自転車が2つその上に人が乗っていたそれだけだった。
自転車が二つなのでライトも二つあった。それなんだろうな~っと
私はまた前に向きなおって走っていた。
ここまでは、普通なのだ。ただ自転車に人が乗っているのだから。




だが、何かがおかしかった。
それは雰囲気がおかしいのか?
それとも・・・?




私は、なぜか一旦止まり後ろをよ~く見た。
そこで異様なものを見た。



そこには、自転車が2つあったまではよかった。
その乗っていた人がおかしかったのだ。
文章に書けばそれは、怖さは伝わらないかもしれないのだが。
一応書く。



乗っていた一人は首から上がない
もう人は、顏がない
そして、首から上がない人に限っては右手に
一般家庭にあるであろう、包丁を握りしめていた。


もう一人の顏がない方は、指を前に向けた
その時私に向けたとわかった
なぜなら、そのほかに人がいない



私は自転車をこぎ始めた。
必死に逃げたのだ。
だが、不運によりある程度のところ、相手が見えないくらいのところで
自転車が壊れたのだ、その壊れ方も異常なものだった。
パンク・チェーンが外れる。そのチェーンも異様な外れ方をしていた。



その場で直そうと思ったのだが
やつらは来た。見えないところまで来たはずなのに・・・
なぜか、やつらは私を発見した。
私は自転車を捨て走り始めた
全速力で走った。
すると、やつらは私が自転車を置いたところで止まった。


チャンスだと思いその場から去ろうとしたのだが。。。
様子がおかしい。


いきなり私は、足がしびれたような感覚に襲われ動かなくなっていた。
やつらはそれを知っていたように、自転車を捨て歩いて追いかけてきた
あっという間に追いつかれてしまった。


私そしてその間にガードレールその向こう側にやつら
包丁を持ったやつが私めがけて振り下ろした。
その瞬間に目が覚めた。




この夢ははっきりと覚えている。
なぜ?このような夢を見たのかまったくわからない。


そしてやつらは何者だったのかさえわからない
ただ、わかることは


首なしと顏なしが私を殺しに来ていたということだけ。
理由を知りたいのだが、夢なのでその手段はない。





ここまで読んでくれた人はありがたい
一つだけ事実を教えます。
この夢に出てきた場所に見覚えあるな~?
っと思って勘だけで、行ったらそれはあった。



よ~く思い出すと私が小学生のときに頻繁に通っていた道だった。

遊びなど含めて。




その夢が私に教えたかったのはなんだったのでしょうか・・・



ということで!最近見た私の夢でした!!