幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームが熱くなるところ!!テンションが上がる場所はどこか?

よく激熱!!魂!!などなど
パチンコやスロットにあると思いますが、ゲームにももちろん熱い時があります。
それが、表示されるかどうか?の違いだけです。


ただ、表示されなくてもわかることです。
どこが熱い場面なのか?ここでは負けられない!という感じなのかは・・・



そのような感じで、今回はゲームの熱いところはどこ?

というのを簡単にですが、触れていきます。


※テンションが上がる = 熱い 
として考えます。





胸高鳴る最初のバトル!!


誰もが最初はバトルはどんなものなのか?
っと疑問に思う感じになります。
それの中でも一番熱いバトルが最初のボス戦です。


ストーリーもまだ、序盤なところで自分がまだ弱いときに
倒せるのか?というハラハラした感じがたまらなくなります。
これは、飽き性の人でも一度は経験したことあるのではないかな?という感じです。


ゲームのシステムや物語により
演出で最初のボスのときに、自分の体力がわずかになるシーンの逆転するときなどは、かなりテンションが上がったのではないでしょうか?


始まってすぐにボスと戦うFF7は色々と考えさせられました。

minticecream.hatenablog.com





周りに無数の敵!!味方はいない!!一人でここからどう切り抜けるか?


このように周りに無数の敵が表示されるゲームは
主に無双系のゲームなのですが、普通のRPGでもそれは存在します。
あの有名な遊戯王というカードゲームでも、それが存在したのですから。


このときに無双するときがかなりテンションあがるときではないでしょうか?
第一に普通考えれば、絶体絶命です。
自分一人そして、周りに無数の敵。味方なし!!


こんな絶望的な状況は他にはありません。
下手なことをすれば、すぐに集団で襲い掛かってくる恐怖と
これをどう切り抜けるか?という挑戦を兼ね備えています。


負ければ死
勝てば英雄


ゲームというのはこれほど、素晴らしい考えをさせられるほど奥の深いものになっています。

minticecream.hatenablog.com




ラスボス戦!!すべての力を出し切るとき!!どういう選択をするのか?


誰もが考えることであると思います。
それが、ラスボス戦です。
私は、これまで数多くのゲームをしてきました。


どれも素晴らしい最後でした。ただ、ネタが豊富だったりと
よ~く考えたら、ラスボスでもそれの方に目が行ってしまい何も感動がなかったときもあります。


とくにドラゴンクエスト8のラプソーンとの戦いはすごかったです。
テティスという鳥に乗りながら戦うわけですから
普通考えれば、おかしいのですが最後となるとそれも消し去ってくれるのではないでしょうか?


これくらい最終回というのは、熱い!テンションが上がる!という感じになっています。これが、感情をいれれば入れるほど感動するものも高くなってきます。
ただ、話が長いだけ!やただ、戦闘が多いだけのようなゲームだとこのようなものはないです。


私は、特に感動したものと言えば
評判があまりよろしくないのですが


【 ワールドデストラクション ~導かれし意思~ 】


このゲームの最後が素晴らしかったです。
最初はひ弱な主人公ですが、とあることがきっかけで強くなり
みなと共に世界の創造神を倒すという物語です。


世界はリセットされますが、みなそれを望んでいました。
その創造神が自分の母親という感じがより感動を生みました。
あとは、難易度です。


このゲームは、通常のゲーム見たく簡単に進めるようにはできていません。
ターン制のゲームです。
ターンをかけすぎると相手が「ず~っと俺のターン!!」という感じなのが作れてしまうゲームです。


通常のターン制のゲームよりも難易度がかなり高いと思います。
難易度が高いと思う場所は、戦いだけではなく
ダンジョンも考えて進まないとすぐにつむことになります。


よくできたゲームだな~っと感じました。
あまり、評判はよくないのですが、私は結構おすすめできるゲームです。
アニメもあるのですが、両方別世界として考えた方がいいものになっています。




このように、ゲームというのは熱い場所があります。
それがどんな場所なのか?というのはプレイヤー次第になります。
ですが、どれも最後まで楽しめるように作られています。


一度振り返ってみてはいかがですか?


良い!ゲームライフを!!