読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

15年新卒の人が語る。今年の新卒者に送る注意すべき点!!学生の頃に思い描いていた大人という存在はすべて違うと考えた方がいい!!

4月1日になりました。
今回の記事は、少し暗めの内容となっております。
この日は16年新卒!ということで、今まで高校生だった人が社会に飛び立つ日だからです。


誰もがうれしいと思われます。
特に親御さんは今まで育ててきた!これからは一人でなんでもするようになる。
ということで、悲しさ半分うれしさ半分になると思われます。


そうなのですが、なぜ?今回が暗めになるのかというと・・・?



自分の思い描いていた大人という存在が全く違うものだった。


これです。私は去年新社会人になりました。
まだまだ右も左もわからないし成人にもなっていません。
だからこそ思ったことを書きます。そして伝えます。


これは年齢を重ねていくとわからないことなのです。
なので今だからこそ伝えれる。この1年で何を学んだのか?などを書いていきます。





学生気分を捨てろ!はすぐに変われと言われているのではない


よく社会人になるとこんなことを言われます。
『 学生気分を捨てろ! 』
頭の中ではわかっているつもりだが、行動するとなるとやはりすぐにはぬくことはできません。


なので、学生気分を捨てろ!というのは、あくまですぐに大人みたいになれ!
っと言っているのではなく、仕事という社会で働いていくということを理解しろ!
このようにとらえた方がいいと思われます。


何も完璧を目指せ!と言っていません。
誰もが完璧な存在にはなれませんし、できません。
できる存在は神さまくらいです。






自分の目標を立てよう!そうすれば楽になる!


まず、自分の目標を立てましょう。
初の給料の半分をすべてうまい棒に捧げる!などなど
内容は何でもいいです。とりあえずは、やる気!というのが大事です。


惰性で何もかも進んでしまうといい道には行きません。
逆に、目標を立てられないという人は、とりあえずはこの金額まで貯める!
ということにしましょう!無理やり考えると逆に損をします。



なので、楽に考えた方がすぐに何もかもうまくいきます。





何事も続けることが大事!!


去年もありましたが、一番怖いのが退職という逃げ道です。
新社会人の一番の恐怖場所は、前日と当日の2日です。
前日は眠れないという人も多いことでしょう。


当日に関しては、いきなり腹痛が来た。
などなど色々と始めてなことなので自分の体調をコントロールできない状態に陥ります。
そして、色々とつらくなり初日で退職したりする場合があります。


自分の決断なので仕方ないのですが。
まず、1日はやる!ということを考えておけば楽になると思われます。
1日やって1週間その次は1か月とどんどん増やしていきます。


厳しいとは思います。だって、1日24時間の内のほぼ半日12時間くらい(出社退社含め)はそこにいなくてはならないのですから。
今記事が投稿されるのが遅すぎたということもあるので、1日はクリアできたかな?っとなどなど色々と考えます。なので、1週間クリアする!を第2の目標に!!





大人というかっこいい存在は間違い


ここから少し内容を変えます。
この記事の本来書きたかった内容になります。
これから書く内容はすべてがすべて当てはまるものではありません。


小学生・中学生・高校生で考える大人という存在は違います。
保育園・幼稚園の子も違って見えると思われます。


小学生の場合は、かっこいい人!なんでもできる人!頼れる人!


中学生の場合は、ものごとを順序良く正確にできる人、何でも言える人


高校生の場合は、何事にもめげずに突き進む人・諦めてそのまま行く人のような二種類の大人がいると考えるようになる。


年齢を重ねていくと大人という存在はまったく違く見えていきます。
高校生にもなると、大人でも汚い性格の人や綺麗な性格の人が存在するっと考えれるようになります。
ですが、そこまでです。詳しい内容はまだ理解していない場合が多いです。


実際の社会の大人という存在は、優しさに漬け込む嫌な人ばかりです。
仕事だから~や教育だから~という理由をつけてすぐに怒りすぐに手を出してきます。これが、新卒者を苦しめる理由となっています。


高校生で働いていない人ならすぐに倒れてしまうことも多いです。
実際の大人はかっこいい存在ではなく、学生よりもひどい頭を持った存在が多くいます。



「やめたければ、やめろ」
「お前の変わりはいくらでもいる」

などなど様々な罵倒も飛んできます。大人になってもそんなことしか言えないのかっと悲しいと感じることも多いです。



そのときの新社会人の取れる行動は、何か?
何もないです。言われてそのまま落ち込み嫌な1日を終えます。
現実とは悲惨なことばかりです。


ですが、新社会人は人です。声があります。話せます。
では・・・どうするか?


こちらも話すことをします。
最初なので~や怖いから~っとなるとこれからも言わないです。
なので、たとえ自分が間違った行動だとしても言い返す力は必要です。


何でも「はい!」っと返事してるとこき使われるだけのことです。
嫌なときは素直に嫌と言えるようにしましょう。相手がいくら強そうな人であっても、暴言や罵倒・暴力はおかしいです。


昭和の考えはもう終わっています。
今は平成です。遅れているのです。
※言いすぎには注意です・・・


この世の中には様々な大人が存在します。
怒るときは厳しく怒る!だが、教えるときは優しく教える。
教えるときも怒りながら教えても相手は覚えませんし、逆に聞きたいことなども聞くことはできないです。絶対に!


言い返すことはいいことです。間違ったとしてもそれを次に生かせばいいことです。
学生という存在から社会人になりました。何か不安なことが多くなることでしょう。
何かに逃げたいと思いたい時期でもあります。



逃げた私がこんなことを書いても説得力はありません。
ですが、今はその選択がよかったと思えます。
本当に厳しければ退職をして次にいきましょう。


今は最低3年というのはなくなってきています。
技術あれば雇う場所は多いです。無理してやって病むことはしないようにしてください。



では!ファイト!!