読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

オンラインゲームでの物語は見る派?それとも飛ばす派?

ゲームには、物語が存在する。
それはどんなものでも存在する。一般的に物語に感情移入しやすいものはRPGなのだが、アクションゲームやその他パズルゲームにも存在するものがある。


この物語に関しては、見ても見なくてもゲームを進める上でまったく関係のないことが多い。物語がサブでメインはレベリングということも存在する!ということだ。


その物語なのだが、携帯ゲームでは9割くらいの人が見ていると考えられている。
だが、それがオンラインゲームになるとどうなるのか?





オンラインゲームと携帯ゲームの物語がまったく違う点は終わらないこと?


携帯ゲームは物語が終わるまで遊ぶことができる。
そして、評判が良ければ続編を出すという感じになる。
だが、オンラインゲームの場合どうだろう?


物語が完結するのか?
違う。ほとんどの場合はサービスが終了して最後まで見ることができないのだ。
かなり長くサービスを続けているオンラインゲームなら、一度完結して2つ目の物語がスタートするだろう。だが、ほとんどは終わる前にサービス終了だ。


これがあるせいか、オンラインゲームのユーザーは物語、ストーリーを気にせず遊んでいる。これは正解ともいえる。


続きが気になってもサービスが終了したら、絶対にみることができないのだから。それなら最初から物語に手を付けなければ何かと楽なのだ。



このように、サービスが終了したら見ることができない!ことがあるので携帯ゲームよりもオンラインゲームは物語を見る人が少ないと思える。





物語を飛ばす理由はその時間を育成や装備作りの時間にしたから!?


サービスが終了したら物語の続きは見れないのだが、それよりもその物語を見る時間を使って他のことができないのか?という少し効率を重視した人も存在する。
物語を見る暇はない。なぜなら、それ以外にやることがたくさんある!


このようにゲームにのめり込みたい!というユーザーもいるわけだが、それ以外にただ文章が長くて読む気力がなくなる。といったことまであったりする。
1回のエピソードが終わるまで早くても数時間(ダンジョン含め)かかることが多い。なのでそこは削りあとで、全部見直す!なんてこともできる。



最初でも書いたように、あくまでオンラインゲームの物語はサブ的要素と考えた方がいいだろう。





物語を見た方がキャラクターに対する愛が上昇する。


ここで、逆に普通に物語を見る人について書いて行こうと思う。
オンラインゲームの物語は非常に長く、終りがないことが多い。
それでも物語が存在するのだから見ないと気が済まない!ということがあるようだ。



その中で一番言われているのが、キャラクターに対する愛が向上すると言える。
これが、キャラ愛というものなのだが、物語を通じて今自分が操作しているキャラクターがかっこよく時にはかわいく、表現されていたらうれしいだろう。


これが、固定キャラクターという職業と性別が一緒のオンラインゲーム(アラド戦記やエルソードなど)になれば、なおさらキャラクターに対する愛が強くなるだろう。


このように、一定数ではあるが、物語を見てキャラの愛を深めることをする人もいる。ゲームというのは、物語もセットで遊んでみるとより楽しむことが可能となる。だが、かなり長かったり、飽きたりすることもある。その時は違った日にまた見返すといいだろう。


ゲームと言うのは、何事も絶対それが正解!というものはない。
自分で考えて楽しむのが一番いいものではないだろうか。




関連記事:

minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com