読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームに飽きたときのことに関する4つのこと!!

ゲーム関係 疑問&問題

私は過去に一度『 もし?ゲームの飽きが来たときにどうするか? 』
これについて触れた。


人や生物は長く続けていれば、いつかはそのものに飽きが来る。
これは仕方ないことだ。どういったものでも飽きは来る。
それが、恋愛でも結婚生活にも飽きは来る。その飽きを相手にぶつけて解消しようとする。結婚生活はちょっと怖かったりする。


今回は、その夫婦についてではなく、ゲームの飽きについてどうするか?
前に書いたものの第2弾として書いていくとする。
別の日に書こうと思うのだが、私は過去の記事と今の記事で同じような記事を何枚も書くことがあると思う。それは、過去に私はどのように考えていたか?それと過去はどうだったのか?


これと今はどのように考えているか?と今はどうなっているのか?
この二つの違いを自ら楽しんでいたりする。そのため同じような記事ができてしまうことがあったりする。一つにまとめることができるものは一つにまとめようと思う。
申し訳ないです。





前回の『 ゲームの飽き 』のまとめ


前の記事のゲームの飽きについてのまとめを紹介する。


ゲームはそもそも飽きが来るのは、20代後半~30代前半と言われている。
それは、今まで長年ゲームをしていたから~という理由がある。
それとリアルの事情により、突然ゲームに触れる機会がなくなってきた。


これもその年齢の理由の一つだったりする。
これは大体この年齢!!ということであり、絶対ではない!
本当に早い人なら10代後半に来るのだから。



そしてゲームの飽きは『敵が強い』『レベリングがめんどい』『物語の終りが見えない』『欲しいものが手に入らない』『時間がない』
これらが積み重なってつらくなってやめるというのも飽きの一つではないだろうか。


つらいまま続けてもつらいままです。このようになったら一旦手を放した方がいいです。



最後につらくなったら、諦めて違うところに進みましょう!
これが前の記事に書いたものになる。
今回も上のようなことを書いていくのだが、ほとんどはまとめに書かれたもので解決する。これが飽きるということです。





ゲームに飽きた場合どうしたらいいのか?


これは前の飽きる記事に書いたのだが、素直にやめた方がいい!
ということなのだが、そんな長くやっていたのなら素直に手放すことなんてそうそうできない。そしたら、休止という形にして、一度外に出て見てはいかがだろうか?


外にでても何もやることがない!
と言う考えがあると思われる。それが正解だ。
外に出ても何もやることがない。そしたら、心がすっきりするのではないだろうか?


これは個人的な考えになるのだが、公園のベンチで横になって空を見上げるだけで、何か別のことをやりたくなってくる。そういう考えが必ず浮かんでくるはずだ。
それがゲームじゃなければ、なおよろしい!という簡単な考えで構わない。


ただ、ゲームに忙しかったあの時と今を比べる絶好のチャンス!
私はそう考えていたりする。





課金しすぎてやめようにもやめれない!!


課金をかなりの額までしてしまって、やめれない!
と言う人も一定数いる。これは今の日本のゲームがそのようにしているからと考える。
それがいいのか、悪いのかは置いておいて・・・



ここで問題。


Q.お金とストレス、どちらを優先する?


これになる。お金というものは、使ってしまったら戻ってこない。
そこは、後悔が残るだろう。だが、その嫌々ゲームをしていて逆にストレスが増したら
決していいことではないだろう。


これを考えると、答えは出てくるのではないだろうか?





ゲームに飽きた。まとめのまとめ


何にでも必ず飽きはやってくる。
そのやっていたことが長いか長くないかで、やめるかやめないか!
これが決まるだろう。


だが、上に書いたようにストレスが増すのならいいことなんて絶対にない。
それで嫌々課金するのも逆に悪いことになる。
企業からしたら、いいお客様!!として見られるのだろうが、回りのユーザーからしたらしたら、なんでそんな嫌々やってるのに課金するんだ?


これが出てくるはずだ。
ゲームに飽きたときは、素直に外にでて他のものに触れてみた方がいい
そうしないといつまでたっても、変わらないままだ。


それでは、良い!ゲームライフを!!