幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

今の無課金勢に関する4つのこと!!

現在スマホゲームが主になってきました。
日本では数多くのスマホゲームが登場して、サービス終了という結果になるゲームが多く存在します。その数多くのゲームでも必ず『 無課金勢 』という人達が一定数います。



そもそも無課金勢と言う人達は昔から一定数います。
一定数というより、課金してる人よりも多く存在するわけですが、この無課金勢今とはちょっと変わった考え方になっているみたいです。


今回は今の無課金勢はどういった人たちなのか?
これを簡単に書いて行こうと思います。





無課金勢とは?お金を使わずに楽しく遊ぶ人たちのこと!!


本来無課金の人たちは、如何にして課金しないで楽しく遊べるか!!
というのはそもそもの意味でした。
これは、基本無料のオンラインゲームのみになります。



有料の月額制のオンラインゲームだと、そもそも月にいくらか払わないと遊べないので
無課金勢!!というのが存在しないです。
ですが、無料になると、基本ゲームは買わないで遊ぶ!という感じなため誰でも簡単にお金を払わずに遊ぶことができます。


その無課金勢ですが、そもそも課金というものは、あったら便利だよ!というものでして、今のように必ずなきゃだめ!ということではなかったのです。


時間がたくさんある学生は無課金で進んで
時間がない社会人の人は課金をして、時間を買う!
これが数年前のオンラインゲームの姿だったのです。


これが無課金の本来の意味になります。





今の無課金勢は、昔と大きく違う人達が存在する。


一昔前の無課金勢の人は、課金をしなくてもスムーズに進めることができたため
課金品は欲しくても、ゲーム内で買うことができるからいいや!ということやその他さまざまな理由があったため、あまり課金を意識しなかったのです。



今の無課金勢の存在は、下手をするとガチ勢や廃人たちよりもめんどくさい人たちの集まりになりつつあるのです。
課金というものは、上にも書いたように本来時間を買うものになっています。



ですが、その時間を買うことを無料でしろ!!
という人が最近多くいます。なぜ多くなったのか?
これについて書きますと、1つは『 課金品 』これに問題があるのです。


召喚あるいはガチャと呼ばれるギャンブルシステム
このシステムが異常な確率で排出されるようになってから、課金する人も意欲をなくして、無課金でするようになり、ガチャの確率低いのなら他を課金しないようにしろ!!


ということが原因と言われていたりします。
その他に、ツイッターフェイスブックなどのSNSが普及したのが原因と言われています。


一昔前も無課金でもそのように、無課金重視に考えろ!!という人も一定数いましたが、ツイッターフェイスブックなどのSNSが普及したことにより、その声がはっきりと見えるようになったのではないか?と思ってます。





もっとエスカレートすると大変なことになる。


無課金というものがエスカレートすると、今問題になってるように
他のアプリにも影響が出てくることになります。
もともと月額課金だったものに金払わすな!と言うように書き低評価にする。


このお金を払わない。対価を払わないで利益を得る!!
このように考えられてきています。
スマホゲーだけで、ここまで大きなことにはなりません。


ちゃんと他のことも理由としてあります。
ですが、スマホゲーでもこのように発する人が増えてきたということです。
何でも無課金にしろ!というのではなく、ある程度の対価は必要です。



ですが、売る側の方もまったく考えずガチャの確率を下げるだけのことをする。
そうするとより悪い方向になっていくでしょう。
これに終りはあるのかは、わからないのですが、私が思うに企業側が先に倒れるのではないのかな?と考えています。





無課金に関するまとめのまとめ


何かを得るには何かの対価が必要です。
ですが、今はその対価を払わずして得をしようとする人が多くなってきています。
無料無料無料!!とうたいすぎたのが原因かもしれません。


何事も裏を見るのが重要です。
よく言われること!無料ほど怖いものはない!です。
何かをするときは、考えて行動した方がいいと思います。