幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

簡単に異世界に行く3つの方法!!

おはようございます。結城です。
みなさんは『 異世界 』に行きたいと思ったことありませんか?
アニメやゲームなどでよくある異世界系の物語



実際『 異世界 』に行くことは簡単なのです。
それがどのような場所であっても行くことは簡単なのです。
今回はそんな簡単な異世界に行く方法をご紹介します。





その1.夢を現実として見る方法!!


異世界に行く方法で一番簡単な方法としては『 夢 』です。
これが現実になればそれはもう異世界になります。
私たちが住んでいるこの次元にはない世界。


ただ、どうやっていくのか?というのは謎なことが多いです。
謎なことが多いのですが、やり方は簡単なのです。
布団引いて寝ればいいだけのお話です。


そうすれば、あなたは気がついたら自分の創造している夢の中に飛んでいます。
そこがどんな場所なのかは、その人の行くところ次第なので、詳しいことは書くことはできません。


一つデメリットをあげるとしたら・・・
目が覚めてしまうと終わってしまうのです。
素晴らしい世界!自分が大成功を収めるときに目が覚めるとすべてが泡になってしまうのです。当然絶望が大きいです。


誰もができる方法なので試してみてはいかがでしょうか?
二度寝をすると夢の世界に行きやすいそうです。





その2.真夜中に誰もいない公園や場所に行く!!


深夜に誰もいないところに行くとそこはもう異世界になっています。
いつもは子どもの声などが聞こえたり、綺麗な景色が見渡す限り続いていたりと。
ですが、深夜になるとすべてが逆になります。


子どもの声は聞こえず、聞こえるのは自分の心臓の音のみ。
見えるのは綺麗な景色ではなく、暗く怖い世界。
下手をすれば、この世に存在してはいけない何かが存在することもあったりします。



先ほど紹介した夢よりも現実感があってよいと思います。


え~デメリットの方は、下手すると危ないぞ★



です。





その3.ネットの世界にようこそ!


いくら寝ようが、現実に戻ってしまえば何もかも水の泡になります。
夜中に公園などでウロウロしてれば、怖い存在は警察と言う名の公務員たちです。
通報されて永遠と牢屋の中だってありえるのです。


でも?そんなことはすべて過去にするほどの異世界に行く方法があります。
それが『 ネット 』です。この方法は一度すれば一生現実に戻れない可能性があるのでお勧めしませんが、確実に異世界に行くことができます。


思い出もちゃんと取っておけますし、ちゃんとした現実になっています。
すべて現実なのです。これがネットの世界なのです。




どうでしたか?異世界に行く方法!
多少現実味がないものがあったかもしれませんが、全部異世界に行くことは可能です。
その後の選択は自分で決めてください。



え?ここで紹介したものすべて異世界に行く方法じゃないって?
そうですね。実際はもっと怖いものになっています。
もしかすると今自分がいるところは、異世界なのかもしれませんね。








おススメ記事:
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com