幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

便利なネットの一つの問題点!これがないからまだ人は人として存在できる!!

おはようございます。結城です。
みなさんは、1日どれくらいネットを使いますか?
それは何に使っていますか?自分から何かの会話をしたことありますか?


今やネットはなくてはならない存在になりました。
そのなくてはならないという理由としては『 便利 』だからになります。
ネットがあれば、下手をすれば図書館もいりません。娯楽のほぼすべてがなくなります。


なぜならば、ネットでそれが可能だから、漫画やアニメもわざわざテレビで見るよりネットを使えばいつでも見ることができる!
そんな画期的なものになったのですが、一つだけ絶対にないものが存在します。
ネットは必ずこれが存在しません。それとは・・・・?





ネットには感情が存在しない!?


ネットは感情というものが存在しません。
そもそも当記事の感情という言葉を使った意味はどういったものか?
これを説明しますと・・・



簡単なことです。


「 www 」


今の文字どういったように見えますか?
見てる人によって様々な捉え方があると思います。
例えば、ただ笑っている!と答える人もいれば。


煽られている気がする。と答える人もいる。
この二つの考えがあるように、ネットは感情がないのです。
通常この文字は、笑うという意味のネット用語なのですが、リアルの世界で笑うという表現をしたら、まず顏や声のトーンでその人が実際笑っているんだ。


このように誰もが思うはずです。
ですが、これがネットだと、その重要な顏や声のトーンがありません。
なので、煽られていると思う人や笑っていると思う人など、その他のことを思う人など色々と捉え方が違っていきます。



ネットが一番怖い理由になります。
感情がないというよりか、わからないの方が正解なのかもしれません。
書く側がこれは、このように書こう!と思っても見る側が、この人は性格が悪いな。


このように書く側の意図しない方向に進んでしまうことも多々あります。
なぜ?ネットに暴言や煽りが多いのか?と言う理由がこれで説明がつくはずです。
感情が見えないからです。



やはり怒りっぽい人に、優しく言ったとしても、ネットは感情を伝えることができないので、喧嘩になってしまうことも少なくはないのです。
わざとそのようにひっかける人も中にはいますが、ネットをしているほぼ半数以上の人が、感情を伝えることができないからつらい!と自然と思っているはずです。
ネットで会話しているときに、どうしてこのことがわからないんだ?というのが一番よくあるパターンです。


その会話をネットではなく、実際に会話をすればすぐに理解します。
よく炎上!炎上!と言う言葉を聞きますが、これもネットだからになります。
リアルと同じような会話をネットでもすると、伝わるものがかわって炎上します。



これを踏まえて、ネットを使う際は十分注意が必要です。
何気なく話しているとすぐに喧嘩になります。
ネットを使う際は、心広く持った方がいいでしょう。


怒りっぽい人や耐性がない人はすぐにやめた方がいいです。
良い!ネットライフを!



おススメ記事:
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com