幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲーム時の頭痛に関する4つのこと!!下手するとぶっ倒れます。

おはようございます。結城です。
ゲームばかりしていると結構な確率で頭痛くなることありませんか?
ゲームをしている時間が短くても痛くなることってありますか?



実際頭痛くなったりしたら、すぐにやめることをおすすめします。
理由としては、体に悪いからです。
どういうことなの?と疑問に思う方も多いことでしょう。





ゲームの疲れ頭にくる。


ゲームをしているときに頭が痛くなるので一番の原因が『 目の疲れ 』になります。
元々ゲームをしているのですから、必ず機械を使っているはずです。
その機械の光が目に悪い影響をもたらすのです。


それが継続的に続けていると目の疲労から頭が痛くなるということに繋がるそうです。
頭が痛くなっている。この時はまだ大丈夫なときです。
これを超えると吐き気などになっていくので、頭が痛くなったらすぐにゲームをやめることを推奨します。


ようは最後の警告ですね。





目を休めるのが第一!!


ゲームによって頭が痛くなった!と言う場合は、まず目を休めることをしましょう。
目から頭に言っているので、根本的なところの解決をしないと意味がないのです。
目の休みはただ単に目を瞑るということでもよいのですが、誰の家庭にでもある簡単な方法を使います。


書くのもあれですけど、誰でも知っている方法です。
蒸しタオルです。軽く1時間くらい蒸しタオルを目に当ててください。
よく目薬していればよい!というのを聞きますが、市販の目薬はよくない物も多く。


数も多いこともあるので、すぐにそれに適したものを買ってくるというのは難しい問題になります。なので一番良いのが蒸しタオルです。
ちょっと熱いかな~程度で良いです。





予防をしましょう。


『 ブルーライト 』というのを聞いたことありますか?
よくテレビなどでありますよね。
機械はブルーライトというのを発しているのですが、それが一番目に悪い影響を与えると言われています。


なので、まずそのブルーライトを遮断する眼鏡を付けるのが良いでしょう。
これがあるとないとでは、かなりの違いがあります。
頭が痛くなり、吐き気がする。それと眼鏡をして予防をする。どちらが良いですか?






適度に休憩を取るようにしましょう。


何でもやりすぎれば体に何かしら起こります。
なので、適度に休憩をはさむのを忘れないようにしましょう。
1時間で15分休憩でも構わないみたいです。


休憩を取るか取らないかでも変わっていきます。
PCだと普通に座っているままなので、目だけじゃなく体の方もおかしくなるのですから休憩は取るようにしましょう。



今回はこの辺で!良い!ゲームライフを!!



おススメ記事:
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com