読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

アニメを実写化することの意味がわからない。あれって何のためなんですかね?

アニメ系 疑問&問題

おはようございます。結城です。
アニメの変化についてよく耳にします。
その変化というのも今までとは違った変化です。


『 実写化運動 』です。
今は何のアニメでも、ヒットすればすぐに実写化にします。
その結果コケることが多いです。駄作になることが多いです。


なぜそこまでして実写化させようとするのか?
正直なところ僕にはわかりません。本音を書くとアニメをつぶそうとしているとしか見ることができません。
実写化についてよくなんでやるんだろうね。と思うことが多々あります。


関連記事:日本アニメを実写化にすることについての疑問





実写化するメリットとは?


アニメを実写化させるメリットの一つに有名になる!があると思います。
この有名になる!というのは原作者やそのアニメや監督です。
もちろん、役者の方も含まれます。演技が良ければ有名になります。


その実写化をして面白い!と思えば原作を買うことになるでしょう。
実写とアニメとでは、見えるものが違います。
実写化をすべてが悪いというわけではないと思います。僕自身このアニメがどのように実写化されるのだろう?


このように思うことがよくあります。
一種のチャレンジなのではないのでしょうか?
ただ、やりすぎるな!ということです。





実写化することはよいと思うが、なぜ?成功したものをつぶそうとするのか?


アニメで大成功をおさめたものが日本では多く存在します。
そして、そのアニメのまま映画になりさらに知名度は広がっていきます。
放送したすべての話をまとめて映画にする!ということもよく見ます。


それで成功したものも数多くあります。
それとは違い内容を変えて映画でするということもよくあります。
成功するかはわからないですが、アニメなので好きなキャラがでるので良い!とファンは思うでしょう。


だが、そのヒットしたにもかかわらず実写化させようとするのはどうなの?と思います。
まだあまり知名度はないようなものは、実写化するのもありなのかな~と思っていますが、そうではなく
もともとヒットしていたものが実写化しても何の利益があるのか・・・っと疑問になることがあります。


もっとひどいものは、1度実写化して大成功で終わったにも関わらずその数年後にドラマ化をしてコケて
ひどい評価にもなったはずなのに、実写映画化という道に進んだのもあります。
一度成功したものをつぶそうとしか見えないところが実写化にはあります。


もちろん実写化したら普段ドラマなどの3次元映像を見ない人がハマるかもしれない!
このようなことが起こるかもしれないのですが、ここまで実写化が多くなると考え物になります。
本当はアニメは歓迎されていないコンテンツなのかな?っと思うことがあります。


事実どうであれ、今の実写化運動の意味はよくわからないことが多いです。
それでは!以上!!




お勧め記事:
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com