読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

初心者必見!!文章の書き方がわかれば次に来る問題『文字数』を考えるべし!

おはようございます。結城です。
過去に文章についての記事を書きました。
最初から文章が書けない人に何の助言を言っても無意味です。


まず文字が好きになることから始めてもらわないですね。
それらのことに関しては、関連記事からお願いします。
今回の記事はそれとは別に『 文字数 』についてです。



関連記事:文章が書けない人に教える3つのこと!無理してアドバイスするのは逆効果!!





最初からうまくなる方法!と検索しても絶対によいものは現れない。


文章がうまくなる方法!って最初に考えると思うのですが、そんな最初からうまくなる方法!と考えても意味がないのです。
例えていうのなら、超ど素人絵なんて1枚も書いたことない人が、突然ネットで漫画のような絵の描き方~と検索するのと同じです。
ちゃんと段階を踏んでから行くのです。


っと偉そうに文章のことを書いているのですが、正直僕は国語力や語彙力というものは0です。
謙遜すんなよ!と思われるかもしれません。そう思うのでしたら、当ブログの過去記事でも見ていただければわかります。
すぐに僕の国語力がわかると思います。


正直文章なんて言うのは、特定の分野以外では適当でいいと思っています。
いや適当でいいのです。堅苦しい感じだと逆に良いものも作れませんし。書けません。
ですが、これだけは書きます。『 やらなければ成長しない 』です。





文章の書き方がわかれば、次は文字数を考えよう!!


さてここまで長々と書きましたが、本題に入ります。
『 文字数 』についてです。
文章ははじめがつらいものです。何を書いたらいいのかわからない。


ですが、それが解決したら次に来るのが文字数になります。
どのくらいが一番良いのかはその時によります。
ただ一つ書くとしたら、読み手が飽きない程度の文字数を選ぶのが良いでしょう。


大体1000文字くらいです。
それでも長い飽きる!という人もいますが、たぶん大体1000です。
これは個人的なものです。1000文字くらいは3~5分くらいで読み終える程度です。


早い人は2分くらいです。そのくらいならば飽きることもないでしょう。
今回の記事は、文字数の増やし方とかではなく、ただどのくらいが読み手にとって良いところなのかです。
まあこれの1000文字は僕が飽きない程度ってだけで、本当はもっと多いのかもしれません。


最初からそんなに多く書けないよ!と思いますよね?
大丈夫です。最初は数文字でいいのです。徐々に増やせばいいのです。
僕は最初1000文字書くのに費やした時間が10時間くらいです。これ本当の話です。


数年前は10文字書くのに5~6時間くらいかかるような人でした。
そのくらいに僕も文章が嫌いでした。
とりあえずはやってみることです。最初は100文字目指していきましょう!



以上です!ありがとうございます!




お勧め記事:
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com
minticecream.hatenablog.com