読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームおける『周回』と呼ばれるコンテンツの代表的なツライと思われる3つのことについて!!

おはようございます。結城です。
ゲームには本気でやろうとしたら必ず『周回』と呼ばれる行為をしなくてはならない場面があります。
周回といっても色々と種類があります。


まず代表的なもので『 素材 』になりますね。
これは、武器製造などで使うものが一定の確率でないと落ちないため、周回を余儀なくされることなのですが。
そんな周回するときに嫌なことについて今回はご紹介していきます。


関連記事:オンラインゲームで周回するときに必要ないくつかのこと!!





周回のつらいところ!『終わりが見えない』


周回で一番言われているのが、終わりが見えないところです。
周回に回数が存在するものだった場合は良いのですが、素材などのものは大抵回数なく確率表記されます。
なので、たとえ90%でゲットできる素材であっても、確率の問題なので何十回も行く羽目にはることはよくある話です。


ただ回数が表示されている周回には終わりが見えるので、まだよいことですね。
例え携帯ゲームであっても、確率の問題はかなり難しいみたいです。
オンラインゲームの場合は携帯ゲームの数倍、数十倍くらいにまでつらい作業ですけどね。


関連記事:ゲームはどこまでがクリアになるのか?に関する5つのこと!!





周回のつらいところ!『ぐだぐだになる』


同じ場所を周回するのですが、操作しているのが人なので、絶対にどこかでミスをしてしまいます。
そのミスが大きなミスになり、挙句負けてしまうなんて言うこともある話です。
周回しているときの一番つらいところと僕は思っています。


ぐだぐだになることですね。
この場所でスキルを撃とうとしたが、敵に邪魔されてうてなかった。
いつもならスムーズに進める場所が今回は、敵に集中攻撃されて無理だった。などなど色々とあります。


関連記事:ゲームにイライラするときってどんな時?代表的な二つのゲームのイライラについて!!





周回のつらいところ!『飽きる』


同じところを周回しているわけなのですから、絶対に何も進展がなく飽きるにつながります。
気分転換に何かをするのも良いとは思うのですが、下手すればゲーム自体飽きてしまうということもあるのです。
それほどまでに『 周回 』というものは、ゲーム史上でも上位に食い込むような難易度というわけです。


周回する際は、必ず『無になる』を心に決めてやった方が精神的に楽になります。
途中から考えというものがなくなり、やがて精神は無になり、体はただ動くだけの肉の塊状態になるのです。
終わるまで周り続けるような体ができあがります。ただ体が限界を感じると途中で意識が戻るのですけどね。


以上です。ありがとうございました。




オススメ記事:
1.ゲームの周回で一番怖いとされる『飽き』と『感情の0時間』の2つについて!!
2.オンラインゲームの周回系でやってはいけない3つのこと!!
3.オンラインゲームで気を付けないといけないこと!(アイテム編)
4.ゲーム初心者必見!ゲームを長く続けるようにするための3つの方法!!
5.ゲームを複数するのはよくない?そのままだと爆発してゲームをやめるかもしれない!!