読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

今やどこでも使えるネット!!小さい子に使わせるときは制限をかけましょう!!でないと危ない人間に成長してしまうかもしれません。

おはようございます。結城です。
今(17年)やネットは誰もが使うもの!になっています。
どこにいても使えるもの。それを使うための機械があればどんな人でも使えるようになっています。


関連記事:便利なネットの一つの問題点!これがないからまだ人は人として存在できる!!





今やネットはどこでも使える便利なものとなった。


現代社会はネットがなければ生きていけない!といった人が多く存在します。
一種の病気にもなっている人も多く存在します。やりすぎる!ということは何の分野でもそうです。
なので、ネットが悪い!悪だ!というような考えは古いです。


どんな分野でもやりすぎれば、毒です。
その人からすれば楽しい!と思えるようなことであっても、周りからはおかしな人として思われるのが普通です。
ただ、やりすぎる!ということは、その先の未来をつかむ人!としても考えれるようなことです。


ネットはどこでも使えるようになったのはいいことです。
どこにいっても調べることが可能です。辞書を片手に移動することはなくなりました。
知りたい単語をまず、五十音順の中から一番初めの文字を探して次に来る文字を探す。そんなことはしなくなりました。


言葉を入れるだけで知りたい情報が得られるような社会になったのは、とても素晴らしいことです。
それでもまだ、知りたい情報を得られない!というのがありますが、そのようなことがあると、まだネットは完全ではない!というように考えることができます。
まだ、ネットというものは、力を発揮していないのです。


関連記事:PCが使えない人が年々増えてきている?スマホは便利だが、最終的にはPCが一番便利です。





ネットは誰でも使えるようになったが、小さい子には制限をかけるようにした方がいい!!


ネットは誰でも機械あればつなぐことが可能となっています。
そんな便利になったからこそ、危ないことも多く存在します。
第一に『小さい子』ですね。まだネットの詳しいことを聞いていなく勉強していなくその知らないまま使い始めます。


当然一時期はやった『架空請求』などにも引っ掛かりますし。
グロテスクな画像やエッチな画像も検索します。
個人的に思うことは、ここが一番怖いところだな~ですね。


エッチな画像はしょうがないです。生き物なのですからね。請求とかに引っ掛からなければいいと思います。
ですが、グロテスクな画像や動画に関しては問題があります。


そもそもグロテスクな表現自体は、大人になってからも嫌う人のほうが多いです。
もしかすると、血や傷を見るだけで気持ち悪くなる人もいます。
小さいころから見てると興味本位で動物を殺したりもあるかもしれません。


それが人になったら、犯罪になります。
ネットを使う際は十分注意が必要です。制限をかけることは良いとは思いますが、制限が強すぎるのは逆に悪いことです。
何事もやりすぎには注意を!以上です。ありがとうございました。




オススメ記事:
1.タイピングに関してのあれこれ!思う以上に難しくないものではある。
2.日本の数%は意味のない規制でできている。規制ばかりして何が楽しいの?
3.グロテスクに逃げているアニメはどうも腑に落ちないことが多い。
4.日常生活で洗脳されたことありませんか?気が付いていないだけで、かかっているかもしれませんよ?
5.ネットで暴言を言いまくる人の3つの特徴