幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームがうまい人は、みなこれができている!!ゲームがうまくなる二つの秘訣!!

おはようございます。結城です。
人は生まれ持ってしての才能というものがあります。
普通の人よりも上に早く立つことができる優れたことです。


そんな才能と呼ばれることなのですが、ゲームにもよく言われます。
ゲームにおいての才能とは何なのか?
今回はこのことについて触れていきます。


関連記事:何かをするときや成功しようと思う時必ずしてはいけない4つのこと!!





ゲームの才能とは?どういったものなのか?


ゲームにははっきりと『上手』『下手』がわかれます。
ゲームのジャンルによってこれが下手、上手と同じように言えます。
ゲームが本当にダメという人も中にはいます。どんなジャンルでも人並み以下であるなどなど。


その逆の何のジャンルでも人並み以上などなど。
ゲームの才能という部分はかなり大きく表れます。
では、ゲームの才能とはいったい何なのか?という点に触れていきます。


そもそもゲームの上手や下手はどこでわかれるのかは人それぞれ変わっていきます。
なので一概には言えません。言えないのですが、一つだけ納得できる部分があります。
それが『視野の広さ』です。


下手な人ゲームのうまくはない人は、ほとんどが狭いことがおおいです。
周りを見なくすぐにやられたりするのですね。
ゲームのうまい人は視野が広いと考えることができます。


これが才能と呼ばれることの一つだと僕は考えています。


関連記事:アニメの天才的なキャラの弱点によくなる飯まずについて書いてみた!





ゲームを考えすぎるのも一つのデメリット!!


算数の問題で『 1+1=2 』を簡単に解けることができるが
これが『 59+47=?? 』となると途端に解けなくなるように、ゲームにも同じように言えます。
実際ゲームで使うコマンドや操作は単純なものだけです。


特に難しい操作を必要とはしません。
基本をつなげて強くする!のがゲームなのです。
ゲームが下手な人は、この部分で躓きます。


その基本の操作の足し算が長すぎて逆に混乱してしまう。
それがゲームの上手な人の才能の最後の一つだと僕は考えています。
ゲームは考えることは良いことです。ですが、深く考えすぎると逆に混乱するものです。



ゲームの才能については大きく二つ『視野』『思考』だと思っています。
この二つが優れている人がゲームにおいての天才といえるでしょう。
もちろん。生まれ持ってのことだ!というかもしれませんが、努力さえすれば下手でも人並みには行けるはずです。


ゲームは生まれ持っての才能は少しありますが、大半はその人の力です。
以上です。ありがとうございました。




お勧め記事:
1.ゲームは楽しんだもの勝ち?最終的には自分の遊び方が一番!
2.ゲームに切れそうになるあのパターンは思い出せば面白い!!
3.最近になって多くなったゲーム配信する人達!!実際のゲームはうまいのか?それとも・・・?
4.ゲームでもし『積み』が起こってしまったときの4つの方法
5.考えなしにゲームをするのはよくない?常に人から聞くのは退化するだけ