幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

海外実況者と日本実況者の具体的な違いについて!!

おはようございます。結城です。
ゲーム実況と呼ばれるコンテンツの伸びが上がっています。
一瞬にして一つのコンテンツになったことは素晴らしいことだと思っています。


関連記事:最近になって多くなったゲーム配信する人達!!実際のゲームはうまいのか?それとも・・・?





日本実況者は主に『話題』で視聴者を集める。


もう結構な認知度になってきました。ゲーム実況という存在ですが、日本と海外の実況者のやり方の違いがあるのはご存知でしょうか?
日本はタイトルにあるように『話題』になっているものをすぐに投稿するパターンが多いです。
その結果、人気な人に集中するという感じになっています。


腕も同じような人だったら人気のほうに行くのが普通ですよね。
スプラトゥーン』『モンスターストライク』などはよく上がっています。
その中ですごくうまい!という人に関しては、新しく名を知られるようになります。


同じタイトルのものを長くする人もいます。
日本のゲーム実況は主に『話題』となっているものをして視聴者を稼ぐような感じに見えます。
もちろん、これは有名実況者の場合はそもそも固定視聴者が付いているので、やらなくても自然とのびます。


でもよい判断ですね。話題となっているものをやっていれば人は集まりますし。
ただ『話題だからやる!』というような考えでゲームをやると必ず躓きます。
それはゲームを楽しんでいるのではなく、ただ視聴者を稼ぐ一つの道具として考えているからです。


関連記事:今のゲーム実況にうまさを求めるのは間違っている。





海外ゲーム実況者は自分のPSで視聴者を稼ぐ


日本は話題となっているものを実況して視聴者を稼ぐ人が多いです。
あとはトークスキルなどですかね。面白ければそれに答えてくれます。
海外の実況者も似たような感じな方も多いです。


多いのですが、そればかりではなく
それと同じように多いのが『 プレイヤースキル 』を見せて視聴者を稼ぎます。
どれだけうまく立ち回れるのか?どれだけ早くクリアできるのかです。


その中で一番話題になっているものが『タイムアタック』になります。
バイオハザード7やファイナルファンタジー15が結構言われていますね。
これらを縛りありでタイムアタックしたりと、海外の実況者たちはそれなりに本気であるということが見て取れます。


日本とは違ったゲームスタイルになっています。
もちろん日本にもタイムアタック動画を投稿している人もいますが、海外以上に量は少ないです。
1度クリアしたら終わりという考えが日本なのです。


正解はありませんが、海外の実況者と日本の実況者の違いについて書きました。
どちらも面白いです。ただ、スーパープレイを見たいのなら海外をオススメします。
以上です。ありがとうございました。




オススメ記事:
1.今と昔のゲームの考え方が違っていると思われる3つのこと
2.ゲームのモチベーションを維持する6つの方法!!
3.ゲームは楽しんだものが勝ちと言われる理由!!
4.ゲームの『縛り』についての本当の意味を教えます。1度は最後まで楽しく遊んでからでないとただつらいだけ?
5.ゲームの難易度に関する疑問!!大きく分けて三つが存在する?!