読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームは2週目からが本番!!ゲームの1週目と2週目の違いについて!

ゲーム関係 疑問&問題

おはようございます。結城です。
ゲームの記事なんかを見ていると、よくゲームは長くするものとして書かれているところが多いです。
それもそのはずです。ただ、最近では何時間以内にクリアした!というのもよくある話です。


そんなゲームの周回について書いていこうかなと思います。


関連記事:ゲーム初心者必見!ゲームを長く続けるようにするための3つの方法!!





ゲームの1週目は体験版!!


今となっては、ゲームは2周するのが普通と思われています。
それは理解できます。理由としては、1週目は軽く自分なりに考えて攻略する!
なので、2週目からは1週目の知識がある中でやる!という感じでスタートするみたいです。


1週目あんなに躓いていた場所が、2週目になると楽になったという声は多いです。
その結果1週目は『体験版』として語る人も多いです。
一部ゲームも2週目と1週目はシナリオが違うよ!というものも結構ありますね。


関連記事:ゲームのクリア時間に関する2つのこと!クリア時間が短くても長くても結局は楽しんだもの勝ち!!





2週目からは、エンドコテンツ


1週目は体験版!でも、ストーリーを楽しむもの!
2週目からは本気!『エンドコンテンツ』として遊ぶ人は日本よりも海外のほうが多いです。
日本は1度クリアしたら、そのままおわり!という人が多いのですが、それはゲームのシステムに問題あったりします。


しょうがない部分ですね。昔のゲームは1週目をクリアしたら、そのままセーブもなく終わり。
セーブデータを呼び戻すと、ラスボス戦の前に戻るという感じの作りが多かったです。
そうなると、やりこみという概念は一定の人にしか生まれないです。


日本のゲーム技術はものすごいものです。
『JRPG』と呼ばれる日本独自のゲームジャンルが作られるくらいにまで日本のゲームというものは世界から人気を得ています。
今からゲームをスタートする人は、2週目をやるのがあたりまえ!になるかもしれないですね。


今と昔とではやりこみ要素に大きな違いがあります。
そして、同じように2週目からはタイムアタック!というような考えで昔のゲームをやったりする人も多いです。
ゲームは1週したら終わりというわけではないのですが、最終的には自分がここでおしまい!と思ったら終わりなものです。


楽しければそれが一番良いコテンンツなのです。
以上です。ありがとうございました。



オススメ記事:
1.ゲームおける『周回』と呼ばれるコンテンツの代表的なツライと思われる3つのことについて!!
2.ゲームの周回で一番怖いとされる『飽き』と『感情の0時間』の2つについて!!
3.ゲームで躓いたときの3つの対処法!!
4.オンラインゲームの周回系でやってはいけない3つのこと!!
5.オンラインゲームで周回するときに必要ないくつかのこと!!