読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲーム=周回 ←これが確定してきていてとってもつらいのですけど!!やめてくれませんかね?

おはようございます。結城です。
オンラインゲームやスマホゲームは基本『周回』と呼ばれる要素が存在します。
規定回数を周回すると報酬がもらえるそんな感じなのが多いです。


ただここに一つの疑問があります。
『そんなに周回させる意味ってなんだ・・・』って話です。


関連記事:周回のないゲームは存在するのか?周回とはそもそも何なのか?ついて詳しく解説!!





ゲーム=周回という風習まじでやめてほしい。


どんなゲームでも周回は存在します。
ただ周回するのならまだいいかもしれません。
その回数がおかしなものばっかりなのが多かったりします。


もともと周回という要素は『エンドコンテンツ』と呼ばれる物語が終わった後の要素なのですが
今やオンラインゲームが主になっています。オンラインゲームは人に離れてほしくない!というのが本音でしょう。
その結果楽な周回を選ぶわけなのです。ポイント制にしてる感じなところもあるのですが、言ってしまえばこれも周回と何も変わりません。


周回の定義はあやふやなので、どこからが周回でどこからが違うのか?
これについては人それぞれです。大体検証などで表す周回数というのが最低でも100回といわれています。
100回はやりなさい。そこからある程度の情報を得る感じです。


ただこれは素人にはとてもまねできないレベルなのを理解したほうがいいかもしれません。


関連記事:ゲームの周回で一番怖いとされる『飽き』と『感情の0時間』の2つについて!!





最低100回の周回のつらさについて簡単に説明!!


検証などでの最低周回数は100回です。
これがどれだけ過酷なのかを数字を見れば理解できる人もいれば、100なんて言うのは楽勝すぎだ!
このように考える人もいるでしょう。


100の重みこそ人それぞれなのですが、基本1タイトルのゲームの周回における1ダンジョンまたは1クエストのクリアタイムとしては
僕がやってきた中での平均は約4分になります。スマホゲームだと2分かもしれないです。
これを最低100はこなさないといけない。ということです。


ここで相当ツライと思う人もいるでしょう。
同じ場所を100もしたら頭おかしくなります。
ただ、今やそのようなゲームは多いです。周回をメインとしたゲームはどこか抜けている。
新しい要素を放棄したような感じですね。ちょっと残念かな。


周回に関しては慣れればものすごい楽です。
頭の中を真っ白にしてそのまま突っ走るだけなのです。
傍から見れば、肉の塊です。魂なんてありません。そんなレベルになります。


ゲームのガチ勢はこのようなことを日々やっているとなると、相当な人間なんだな。と思うでしょう。
以上です。ありがとうございました。




オススメ記事:
1.ゲームおける『周回』と呼ばれるコンテンツの代表的なツライと思われる3つのことについて!!
2.ゲームは2週目からが本番!!ゲームの1週目と2週目の違いについて!
3.オンラインゲームの周回系でやってはいけない3つのこと!!
4.オンラインゲームで周回するときに必要ないくつかのこと!!
5.ゲームで躓いたときの3つの対処法!!