幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

下を見続けるということは相当悪いことだから自覚したほうがいい。

おはようございます。結城です。
何に関しても日本人は『下見る生き物』として言われています。


正直な話それでは意味がないと僕は考えます。
なんでそんな下ばかりを見るのか?と考えた結果一つ気が付いたことがあります。


関連記事:自分を悲観するということは、これから先の楽しい未来を失ってしまうことに気が付いた方がいい。





下を見ると安心するのが人間


人は上を見るよりも下を見る方が安心するといったような考えの人が多いです。
上を見ると自分には無理だ。自分にはできないとネガティブ思考な考えになってしまうからですね。
安心するといった感情はとても良いことで、その人を混乱させない一つの方法なのですが。


逆に安心するといったことは良いことではないのです。


関連記事:人の感情『不安』に関する3つのこと!!





安心は人を低下させる。


安心するといったことは人として生物としては良いことだと考えられているのですが。
ある程度は良いとは思っています。ただ、ある程度です。
あまりに安心しすぎると他の人に抜かされるといったことは多いです。


自分より下がいる!といった安心は特に危ないです。
成長するといったことをすべて投げ捨てているといっても過言ではないレベルになっています。


下がいるからまだ大丈夫なんていう考えは捨てましょう。
そうでないと、すぐにでも自分が一番下になってしまうかもしれないです。
正直な話、下は無限です。探せば探すほどいます。ですが、上に関して言えば、無限ではありません。


ある程度のところで上はストップしてしまいます。
下の場合だとそれがないのです。ないということは、永遠と安心するといったことになるでしょう。
焦りがなくなるといったことは特に危ないサインでもあるのです。


何かにチャレンジするそれは最初は一番下ですが、上を見続けていれば自然と登っていくものです。
下を見るということは、劣化するということです。
安心という感情は良い意味として伝わっていますが、深く考えてみると逆に危ないものなのかもしれないですね。



以上です。ありがとうございました。



オススメ記事:
1.『自分は本当は特別な人間だ』と思うことはとても良いこと!!
2.『失敗を恐れたら何もできない!』まず、失敗したら何を学ぶかを考えるのが重要なこと!!
3.『続ける』ことは大切なこと!!必ず良い未来を生む!!
4.インターネットの煽りや暴言の耐性どうやったら付くのか?
5.ネットに自分の部屋の写真出してる人って相当頭おかしいからやめたほうがいい。