幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

最近のホラー映像はよくできているものばかりになってきた。あなたが見ているのも作られたものかもしれないね!

おはようございます。結城です。
夏といったら『ホラー』などの怖いものを見始めたり、体験したりしませんか?
僕も映像系は結構見る人です。とても怖かったりネタに走っていて逆に面白いものがあったりと色々とあるわけなのですが。



ふとこんなこと思ったりしませんか?
『これ作りものなのではないのか?』・・・っと。
最近の動画制作技術はかなり進化しており、素人でも映像ではないのですが、心霊写真くらいは作れるようになっていきました。


なので『怪しい』という単語が頭に浮かぶかもしれないですね。
今回はそんなホラー映像についての『作られているものかもしれない』と言うことに関して。
僕的な感想を書いていきます。


関連記事:ホラーゲームを怖がらずに攻略する3つの方法!!





最近のホラー映像について


ここ数年のホラー番組系はかなり少なくなっていきました。
正直な話僕にはなぜ?少なくなったのかわからないのですが、よく言われることは『呪われるから』ですね。
やはり恐怖と言うのは人にとってはあまり良い意味の言葉ではないですし。


自ら進んで体験するというのはあまりよくないことです。
これは生物としてですね。トリハダというのがそれにあたります。
結果今となっては、1年に3~5回ほどやればいいほうと言われています。


ただし、放送したとしても最近のように合体スペシャルや僕たちが望んでいるホラー系を放送するのは数時間のうちの数分くらいになっています。
それくらいにまで少なくなっています。正直テレビなのでしょうがない部分があるのですけどね。
例えやったとしてもそれが作り物だとかされると、さらに厄介なことが起こるのです。


今の時代はネット社会なので、嘘はすぐにばれます。
テレビという分野は相当早く嘘がばれますね。悪事もばれます。
なので、下手に放送できないのかもしれないですね。


関連記事:ホラー映画なのにVSって何がしたいのだろうか・・・




映像は作りか作りじゃないか?そこが問題ではない!


今は作りか?作りじゃない?この二つでホラー映像を見る人が多くなっています。
ネットの時代なので、作りだとしたらすぐにばれることもあります。
ただし、昔のに関しては今でも謎が多いものばかりです。


それくらいにまで作りこまれていたのか、それとも本物なのか?ですね。
有名なホラー映像で、三面鏡の少女のものがあります。
あれもいまだに作りかそうでないかで議論していたりします。


今も動画に関しては、謎が多いものばかりです。本人がそうであると答えない限りです。
結局のところホラー動画に関しては『本当がわからない』ものばかりです。
なので、これは作りだ!これは違う!という議論よりも、本来の怖いという感情をもってみるのがいいのかと思われます。


嘘のような本当の話もよくあるものです。
ただ楽しむが一番良いのではないのでしょうか?
以上です。ありがとうございました。


関連記事:日本のホラー系のすぐグロテスクに逃げるあれやめてほしいんだけど?