幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームの『バフ』と呼ばれる言葉の意味について簡単に説明します。

おはようございます。結城です。
当ブログに来てくれる人で多いのが『バフ』&『デバフ』についての記事ですね。
ありがとうございます。


なので、今回はそんな『バフ&デバフ』の『バフ』について
簡単に説明する記事でも投稿しようかなーと思います。
とんでもなく簡単に説明するので、軽く読んでくださればありがたいです。


関連記事:オンラインゲームでよく言われるバフとデバフとは?






そもそもゲーム『バフ』とは何か?


バフとは、自分または自分以外の仲間の『ステータスを上げる行為』のことを指します。
基本これだけになります。これがあるから、高火力ぶっぱと呼ばれるものも可能になります。
ゲームの基本中の基本と言われる言葉ですね。


言葉というか行為ですかね。
逆にこれがないと、苦戦する場面は多いでしょう。
もっといったら、クリアできないかもしれないといった難易度まで存在します。


関連記事:ゲームでもし『積み』が起こってしまったときの4つの方法





『バフ』には大きく二種類存在する。


先ほどバフとは能力を上げるものとして書きました。
そうです。大きくは能力をあげるものです。
基本はそれです。その中でも大きく二つに分類することが可能です。


一つ目、周り&自分を強化する『PTバフ』


バフの大部分はこれになります。PT全体を強化するもの
例えば、攻撃力や防御力といったものですね。
突き詰めたものだと、スキルのダメージ系や素早さなどのものですね。


一応ゲームによっては、PTバフとPT以外にもかかるバフ『全体バフ』というのもありますが、ほとんどはPT組んで臨むものなので、そこはどうでもよかったりします。




二つ目、自分だけにかかるバフ『自己バフ』


こちらはそのままで、自分だけにかかるバフです。
ほとんどは、自分で発動して自分にかける。ポケモンでいう『つるぎのまい』とかです。
ゲームによってなのですが、自己バフのほうがPTバフよりも上げる度合いは高いとなっていることが多いです。


MMOやMOになると、そこらへんわけわからなくなるのですけどね。平気です。かければいいんです。適当に。


関連記事:レベルのあるゲームに実際に起こる2つのこと!!





『バフ』終わりのまとめ


以上がバフに関しての簡単な説明です。
これ以上にないです。基本を知れば後は何でも対応はできます。
最近ではEスポーツというものが日本でも大きくなっていきました。


まだまだ日本にとっては小さいものではあるのですが、一般でも目に見えるところに現れてきました。
それはとてもよいことですね。結果今までしてこなかった人もゲームに触れる機会が増えていきました。
なので、結果的にはバフなどの知識も必要になってくるのかなーと思います。



以上です。ありがとうございます。



関連記事:ゲームの『装備』とは一体何なのか?今更聞けない装備についてのあれこれ!