幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームでの時間制限ダンジョンの辛さははっきり言って異常!!

おはようございます。結城です。
ゲームの物語やクエストには『時間制限』なるものが実装されているものがあります。
〇〇分以内にクリアしろ!などがそれにあたりますね。


ただ、それらすべてに言えることが『とてもめんどくさい』となりますね。
今回はそんな時間制限ものに関しての記事になります。


関連記事:ゲームのタイムアタックはなぜ?あんなにも燃えるものなのか?





ゲームの時間制限とは一体なにか?


まだ数少ないものになっているのですが、先ほど書いたように『時間制限』に関するものは探せばあったりします。
大体は大きく設定されているものですね。基本10分以内にクリアできるものをクエストや物語では、20分以内となっていたり。
このように普通にやれば、楽にクリアできるものばっかりとなっています。


時間制限ものというのは、焦りもあるのですが、比較的楽なものも多いです。


関連記事:平気でダンジョンを何百周する人は素直にすごいと思う!!





時間制限ものはとんでもないつらいものもあったりする。


時間制限ものは基本的に楽なものばかりなのですが、中にはとんでもないくらいに難しいといわれるものも存在します。
この難しいものは、携帯ゲームなどにはほとんど実装されていないものが多いかもしれないですね。
オンラインゲームになるとそれがあったりします。


時間制限ではなく、ターン数とかもそれにあたります。
スマホゲームなら、ターン数のほうが馴染みあったりするのかな?
難易度が高くなると、その分時間制限系もターン数も厳しくなるのは仕方ないことですね。


ただし、とんでもないくらいに廃人PTや装備にならないとクリアできないものもあるにはあります。
こればかりは、もうエンドコンテンツの一つとして考えたほうがいいです。
キャラや職によっては、理論上ムリゲーと呼ばれるのもありますね。


時間制限に関しては、奥が深いものです。
しかし、面白い!と思えることも事実です。
何をどう工夫したら、早くなるのか?これがそれにあたりますね。


つらいものですが、ハマれば抜け出せないものかもしれないのが『時間制限』ものですね。
一度何かで試すのはどうでしょうか?
以上です。ありがとうございました。





関連記事:スマホゲームのゲリラ戦とかいう時間制限の場所について