幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

PCはどこまで進化するんですかね・・・いよいよ扱える感じが6万突破!!ITってすげー!!

おはようございます。結城です。
結構話題になりましたね。一部かもしれないのですけどね。

PCで扱える漢字 6万文字に
 情報処理推進機構IPA)は12月25日、データで扱える漢字として約6万文字の国際規格化が完了したと発表した。これにより、複数の規格に依存していた常用外の漢字を、統一的な文字コードで扱えるようになる。これまで一貫的なデータのやりとりが難しかった人名用の異体字をカバーし、電子行政用のシステム構築や運用効率、利便性が大きく向上することが期待されるという。

PCで扱える漢字 6万文字にheadlines.yahoo.co.jp

僕の知らない漢字ばっかりですね。絶対に。
半分知ってればいいくらいですね。
ただ、6万にもなるとやはり漢字を覚えること自体あまり意味がなくなってくるのかなーと思ってきました。


今の時点で、PC使っているとこの漢字どうやって書くんだっけ~?そう考える日々が多いです。
読むことはできても、書くことができない。書類なんかだと結構厳しいですよね。この問題。
ただ、高校生のときに言われたことなのですが、読みができれば結構なんとかなる!ということみたいです。


僕自身もこれには納得だったりします。
だって、読めればあとはPCがやってくれるじゃないですか。
日本は、ひらがな、カタカナ、漢字の3種類あるのでね覚えるのは大変です。


漢字なんかだと、似たような読みでも意味が違ってくるなんていうこともよくありますし。
結構難しいのですよね。国語っていうやつは!!
今僕は、ITから距離を置いている状況なのですが、また戻ってみたいかなーと最近になって思うようになりました。


やるとしたら1からですなー
以上です。ありがとうございました。


関連記事:初心者必見!!文章の書き方がわかれば次に来る問題『文字数』を考えるべし!