幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

『悲報』大人になるとゲームが異常なまでにつまらなくなる8つの理由について!!

おはようございます。結城です。
小さいころに誰しもが思ったことがある問題の一つで
「ゲームは大人になるとだんだんとやらなくなる」


このように言われていたと思われます。
いわれてない人もいるかもしれないですね。
僕も回りからは結構言われ続けてきました。


ですが、今現在そんなこともなく日に日にゲームの依存性が高くなっているのではないのか?と震えるくらいにまで上がっているのですが、それはまた別のお話ですね。
今回はそんな「なんで、年をとったらゲームをやらなくなるのか?」


この疑問についてご紹介できたらなーと思います。


関連記事:簡単なゲームほど飽きるといったゲーム慣れにありがちなことについて





突然大人になるとゲームがつまらなくなる


人の趣味というものは子どもから大人にかけてがらんと変わるものです。
なのでゲームもそのように変わっていったのではないのかな?といった人も多いはずです。


今まで楽しくやっていたが突然つまらなくなった。
年を重ねていくと、なぜか面白さがわからなくなった。
そのような「突然」といったことが結構あります。


関連記事:ゲームのモチベーションを維持する6つの方法!!





そもそも時間に追われてゲームができない!


大人になると、学生ほど時間に余裕がありません。
結果ゲームに使う時間よりも睡眠や疲れをほぐすような時間に割くようになります。


やっと!休みだ!と思っても日々の疲れからやストレスからか、昼寝や1日の半分以上を睡眠に費やす何てこともあり得る話ですね。
仕事から帰ってきても、すぐに寝ることだけの生活だととてもじゃないけどゲームなんてできません。


関連記事:ゲームのタイムアタックはなぜ?あんなにも燃えるものなのか?





楽しさ以上に長さでだるさを感じるようになる


小さいころはゲームは楽しい!と思うものでしたが。
やはりゲーム歴が長い&やっている種類が多いと物語を見るのがだるくなる
育成がだるくなってくるなんていうことはよくある話です。


ゲームの基本というものはどれも一緒で、例え作品が違ってもやる内容ややり方、操作の仕方に関して言えば、すべてではないのですがほとんど同じなのです。
結果的に同じだから「だるい!」「めんどくさい!」と思うようになるのでしょう。


関連記事:ゲームの大型モンスターほど燃える展開はなかったりする。





すぐ現実に戻ってしまう


やはり小さい子という存在は、幻想や想像、発想、妄想に優れています。
それもあってか、ゲームのようなファンタジーな世界でも通用するようになっているのです。


大人になると、それがまったくと言っていいほどなくなって
「こんな世界あるわけない!」と蹴ってしまうのですよね。
ストレスなどや疲れがたまっていると余計にこのようなものに幻想を抱くこともなくなってしまう人が多いように見えます。


関連記事:ドラクエXにハマりすぎて「リアル冒険者」になった人が話題に!?世界ってほんと広いですわ・・・





周りもやらなくなったから自分もやらなくなった。


ここ最近のゲームでは「オンライン」というものが主流になっていますね。
一昔前は、マルチプレイとかになりますね。
内容は違いますけど、やっていることは一緒にです。


仲間と一緒に遊ぶ!これ実はとても良いことなのですよね。
ライバルがいれば、よりゲームというものは楽しめるものとなっています。
この人と同じようになりたい!やこの人よりも強くなりたい!


そんな感情がやり進める気持ちになっていくものです。


関連記事:オンラインゲームではフレンドがとても重要だったりする。





覚えることが多すぎる問題!!


ゲームを1番最初からスタートするとやはりチュートリアルというものがあります。
いくら、やり方が似ていてもすべてが一緒というものは絶対にありえないのです。
なので


・素材の名前
・敵の名前
・スキルの名前
・何がどこにあるのか?
・スキルやアイテムの効果


そのようなものたくさんあるわけですね。
モンスターハンターみたいな素材を集めて装備作ろう!系のゲームだとよりつらさが増すと思われます。やはりこの部分で無理と感じる人も増えたのかなーと思われます。



関連記事:ゲームのキャラクターの名前を真剣に決めようとするのは最初だけだったりする。





グラフィックが良くなりすぎた。


PS4やPCゲームのグラフィックはここ1~3年でとても技術が進歩しているのですよ。それはニュースサイトとか見ていたらわかるかと思われます。
とても良い見た目の物が多いですね。


最近では「モンスターハンターワールド」なんかがそれにあたります。
残念なことに、それらが嫌いな人もいるわけなのです。
グラフィックが良すぎて、頭が痛くなる。目がおかしくなる


そのような体調の変化ですね。それが原因でできなくなるといったこともあるのです。


関連記事:ゲームグラフィックが綺麗になった今だからこそ!昔のゲームもやってみたほうがいい!





ゲームをやる意味が自然と頭に浮かんでくる。


大きく言われることです。
小さいころ女の子や大人によくいわれた方多いかと思われます。
「ゲームをやっていて何か意味があるの?」といったことです。


このようなことは今回は批判的には書かないようにしますが、やはり言われ続けたり、ふと現実で思ってしまうのですよね。なんでこんなことしているのか?
それが原因でやめたり、つまらなく感じるようになるものなのです。


関連記事:趣味に飽きたときの三つの対処法!!最終的な選択は自分がするのです!





ゲームをやらなくなる理由のまとめのまとめ!!


結構僕が知っているあるいは、言われたことをまとめてみましたよっと!
なんかには今現在そのように考えている人もいるかもしれないですよね?
最終的には、その人がやりたくなくなった!それでやめるが一番です。


年を重ねると趣味が変わっていくのもそうですし。
時代というものは変化していくものです。
一応大人になってもやり続けているだ!という人は多いですよ


というよりかは、現在は昔よりも多くなったと思ったほうがいいかもしれないです。
なぜならば、ようやく日本でも「eSPORTS」やゲーム実況と呼ばれる方たち
その他ゲームに関する考えが変わってきているからですね。


僕も楽しくゲームをやっています。
冒頭に書きましたが、日に日に増しています。
それもよいのかもしれないです。やるべきことやるのならですね。



それでは以上となります。
ありがとうございました!!



関連記事:ゲームを楽しめない人に朗報!『ゲームを楽しむ』を大きく二つにしてご紹介します!!