幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

アニメの最終回が見たくない人がなぜ?多いのかの3つの理由について!!

f:id:minticecream:20180216210258p:plain


おはようございます。結城です。
みなさんはアニメについて一つこのようなことを思ったことありませんか?
「最終回見たくない問題」


ここ最近での日本ではアニメの力がものすごく強い!と言われています。
何に関してもアニメとのコラボ!!といったものが数多いです。
そんなアニメ実際見るのは良いのですが、どうしても始まれば終わりがやってくるものです。

今回はなぜ?人はアニメの最終回が見たくなくなってしまうのか?
この問題についてまとめてみましたよ!





思い出が強いほどやってくる「虚無感」


検索したらすぐにヒットするでしょう「虚無感」と呼ばれる言葉が。
僕もアニメは古くから見ているものです。
やはり同じような経験はあります。それが大好きなものであればあるほどつらいものです。


最終回が終わったら一人残されている感じが強くします。
みなが去っていくといった感情がやってくるのです。
それが冒険物語だとより多いでしょう。





感動シーンは見たくなかったり?


アニメの最終回が見たくない!といったもので一番多いのが「虚無感」です。
そのあとに続くものは、そこから派生した何か?と考えたほうがいいでしょう。
次にやってくるのは「感動をしたくない」といった声です。


完璧な物語ほど、最後の方は感動がつきものです。
恋愛の物語だってそうでしょう。最後は結ばれて終わるのです。
そうしたら、その後はどうなってしまうのか?このように思うわけなのですが。


ふと現実に戻ってしまうのですよね。
大体アニメなんかだと、その後の物語は原作などで続くことが多いのですが。
アニメが原作としているものも結構あるわけでね。つらいものです。





今までよかったのに最後がひどすぎる。


僕がまだリアルタイムで見ていたころこのようなアニメがありました。
学園生活で夜になると魔物と戦う一人の女子高生を描いた物語だったのですが。
最終回に近くなるにつれて、ひどくなっていきました。


グロシーンをメインにして肝心の物語の方は薄っぺらい!といったものでした。
何かわかる人もいるかもしれないですね。白いウサギが登場したアニメです。
そのようなものも少なからずあるわけなのです。





アニメの最終回が見たくない理由についてのまとめのまとめ


最終回とは一旦区切ります!といったことをどこかのサイトで見た気がします。
それも相当昔のお話なのですけどね。なので、こうして僕たちが生活している感じと同じくアニメの方も進んでいるわけですね。


アニメは深夜だと11~14話くらいまでに完結させろ!といった話があるみたいなので
どうしても最後は完璧に終わらせることができないことが多いみたいですな。
まあアニメ化しただけでもうれしい限りってことで!


それでは以上です。ありがとうございました。