幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

「転職4回、クビ1回」それでも自分の道を突き進んだ人の物語が素晴らしすぎた話。

「転職4回、クビ1回」からユーチューバー 1年で1千本、やっと黒字に プラレールを仕事にした男性


 Youtubeの動画などで「お金の心配はしていない」くらいの収入を得ている人がいます。さいたま市の「プラレーラー」松岡純正さん(30)。プラレールの作品を次々と投稿し、広告収入などで生計を立てています。転職4回、クビ1回。1日2食で納豆ご飯、貯金なしのどん底生活からのV字回復。「好きなことで、生きていく」を実現した一方、「今後ずっとウケるかもわからない。人には勧められない」と現実的な視点も。ユーチューバーのリアルな生活ってどんなものなのでしょう? 松岡さんに聞いてみました。(朝日新聞さいたま総局記者・小笠原一樹)(withnews)


headlines.yahoo.co.jp

おはようございます。結城です。
今は「自由」という言葉が良い意味で使われることが多くなりました。
その中で数年前から言われているYoutuberという方たち。


ここ数年ではとてもまねできない危ない行為をする人
この人たちが世を騒がせていたりしていたのですので、結果良いイメージというものがなくなっていたのですね。


しかし、悪い人だけではないのが事実
ちゃんと楽しく!面白く!ということをモットーに続けている人も中にはいるのですね。それが叶った人が上の記事の人になります。


プラレールを仕事にした男性
彼の人生とんでもないくらい悲惨なものと書いています。
ですが、それでも夢に向かって進んだ結果ようやく黒字にすることができた


実際動画投稿者は、視聴者からすると「楽して稼げている」
先ほども書いたように「危ない連中しかやってない」
このように言われているのですが、そうではなく本気でやっているふざけとかなしで!


といったような人のほうが実際多いのですね。
継続は力なり!と良い言葉です。
何かを続ければいつか必ず報われるものです。


素晴らしい人ですな。
以上です。ありがとうございました。



関連記事:悪質youtuberが多いのだが、頭大丈夫?