幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

某漫画サイトがまさかの終了のお知らせ!?サイトブロッキング含めての対策を検討しているとのこと!!

海賊版サイト、接続遮断も=菅官房長官


 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、漫画や雑誌を無料で読めるインターネットの海賊版サイトについて「被害が深刻化していると認識している。サイトブロッキングを含めてあらゆる方策の可能性を検討している」と述べ、接続遮断措置も視野に対策を検討していることを明らかにした。


headlines.yahoo.co.jp

おはようございます。結城です。
いよいよ国が動くみたいなことしています。
原作者本人たちが一番被害を受けているのでね。


みなが揃って訴えれば動くものです。
TwitterなどのSNSを見ていると無料時代だなーと考えさせられるものばかりとなっていました。現代は「無料サービスが普通」といった謝った考えを持っている人が多いです。


大体は謎理論で反対してくるのですね。
例えば、この無料のところで見てよかったのなら本当に買う人が増えるのじゃないのか?
有名じゃないものものせてくれるから、逆によかったと褒めるべきでないのか?


このサイトのすべてを否定するわけではないのですが、許可なくやることに対しては否定する感じかなー
こういうようにするのなら、いっそのこと元が無料で公開するのもありなのかもしれないとは思うのですね。一部分だけね。すべてを公開するのはやはり意味がないこともあるのでね。いいところで終わらすようにしてある程度までは良いとはおもうのですが、そこまではまだいかないのかなー


ちなみに僕は実際に本屋にいって買うアナログな人です。
本屋の雰囲気が好きなのでね。そこで見て実際どのようなのかを調べて買う感じかなー
無料でものを買うと大事にするといった気持ちなくなってしまうと思うのですね。


それと、何かをするのなら相応に対価支払わないと!!
どうなるのかね。これからの動きとしては。
以上です。ありがとうございました。