幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

音楽ゲームのある程度いったところからの人間ならざる技は見てて面白い

f:id:minticecream:20180320171740p:plain


おはようございます。結城です。
ここ最近音楽ゲームに関して色々と見ていたりします。
ゲームセンターなんかだと今も相当多くな音楽ゲームが存在します。


洗濯機の時代は終わり「チュウニズム」というのが最近では流行っていました。
今は1年前ほどではないのですが、音楽ゲームは廃れてはおりません。
斬新なものも多く登場して「ノスタルジア」ピアノの音楽ゲームまで現れてきました。


これから先の音楽ゲームはもっと面白くなりそうですな。
僕も一応やっていますが、あまり名を聞くことがないです。
ノスタルジアマイマイ、チュウニズムもやりましたよ!


感想としては、隣にガチ勢がいると恥ずかしいという話です。
よく音楽ゲームは傍から見ると気持ち悪い動きをしている。
そのように考える人が多いのですね。


実際やっている側の僕からしても、動きに関しては気持ち悪いです。
普段の私生活の中でそのような動きしますかね?と問いたくなるようなものも多いです。
しかし、それを超えた人というのは動画でよく見るのですが、かっこよく映るものなのです。


ゲーム画面と手の動き二つを一つの画面に映してやっている姿を撮影するのですが。
そのどれもが人の動きからかけ離れているようなものばかりなのですね。
こいつらは何と戦っているのだ!?と思うような感じの人ばっかりなのですね。


そのような人ばかりなのですが、かっこいいという言葉がでてくるわけです。
それは素人であってもわかるとは思います。
太鼓の達人の秋葉の神様がそれにあたります。


素人や初心者、誰が見てもその動きは素晴らしいという声がだせるような境地まで来ている。正直そこを素直にかっこいいと思ってしまうわけです。
そういう人たちは普段学生なので時間に余裕がかなりあるわけですね。


なので、それを集中してあげれるのですが、それでもある程度になると人は飽きますし。
このくらいでいいわ!と思ってしまうのです。
そんなのどうでもよく、先に進むのが「プロ」なのかなーと僕自身思いました。


見てわかるものが音楽ゲームなだけであって、他のゲームも共通してわかることです。
ただ素人だとRPGのデータ見せても何がすごいのかさっぱりですしね。
暇なときにでも何かその手のものを見てみては?


以上です。ありがとうございました。



関連記事:ゲームのやりこんだデータを見るの結構好きだったりするって話。