幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

オンラインゲームのアバターによる見た目の考え方について。

f:id:minticecream:20180321204351p:plain


おはようございます。結城です。
ゲームの自分で動かす系のものはほぼすべてに「アバター」と呼ばれる仮装できるシステムが存在します。これらを使って自分の見た目を変化させたりします。


それで楽しむ感じですね。
なんでその戦闘以外のことで楽しめるんだ?と思える人もいますが
世の中自己満足が一番上に立つのです。理解しましょう。


そんな仮装に関しての僕の考えです。
そもそもアバターについてなのですが、僕の知っているゲームのほぼすべては見た目だけが変えれるようなものとして売っています。


そこに強い効果があるわけではなく、ただの見た目として売られているのです。
わかりやすくいうのなら、PSO2のようなものですね。
あのような感じのものが多いです。ただ見た目だけのもの。


中には能力があるものも存在しますが、大抵のものに関して言えば
すべてが見た目だけになります。能力があっても差ほど変化ないようなものばかりです。
そんなものに関してですが、やはりゲームにおいても見た目によってその人の強さがわかるのは同じなのです。


実際リアルの世界で、チェーンなどつけてると「あ!痛い!」と思う人が多いかもしれないのですが、それと同じでゲーム内の世界でも見た目によってその人の対応の仕方や考え方っていうのが変わっていくものです。


アバターなくして、そこらへんに落ちている装備を付けている人を『初心者』と誰しもが思うでしょう。見た目が黒く翼なんかが生えていたら、この人強そうと思うでしょう。
ゲームにおいての見た目というのは結構な差がでてきます。


第一印象というのは大事って話です。
そこからギルドに誘われたり、フレンドになったりといいこと尽くしなのですね。
そして、大体寄生などの人も見た目でわかることが多いです。


大抵の見た目を着飾っている人はそのアバターがどんなのかを把握しています。
しかし、寄生やくれくれなどの人達は把握していないのです。
ただのもらい物だからーという感じで中身まで気にしないのですね。


そのアバターのどこが好きなの?と言った場合本当にそれが好きであるのなら、すぐに答えれるし若干細かな部分も言うことが可能なのですね。
もしかしたら恥ずかしいかもしれない!という考えもあり、別にことを言う可能性はありますが、絶対に1つくらいは持っているのです。


そんな感じで、アバターというものは見た目およびその人がどのような人物なのか?をすぐに知ることができるといった内容が入っているよ!となるわけです。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:ゲームのモチベーション維持に関することで『キャラクター愛』があればあるほど続く!という話は本当だったりする。