幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

暇だからこそ何かをするべきなのではないのかな?無理に同じことしてても何も進まないぞ?

f:id:minticecream:20180328064044p:plain


おはようございます。結城です。
とあるサイトにて「君はやることあっていいなー」と書いていたものがありましてね。
その人はどうやら、やることがないから仕事をし続けているみたいなのですね。


休日というものがあったら暇でしょうがなく仕事にやってくる
そのような生き方をしているみたいなのですね。
実際この手の考えを持つ人は多いですし。


あってるということもわかります。
僕自身も学生時代の時これをやれ!と指示されたらやる!
このような感じで動けば自分で考えなくて済むし悩まなくてもよいので結果的に楽にはなるのですね。


しかし、それが人生というのなら話は別です。
よく統計で仕事を終えた人に「後悔していることはなんですかー?」
このような質問を見ています。すると、もっと挑戦しておけばよかったという回答が大体1位になるのですね。


そうです。人は本当の意味では指示されてやるということを幸福とは思えないのですね。
実際はただ楽だから、未来のことを考えなくていいから。そのように言い方悪いですが「逃げているだけ」なのですね。


結局は心配ごとなどがすべてなくなったというわけではなく、ただやることがないからやっている感じなのですね。結果挑戦すればよかったという言葉がでてくるわけです。
何を挑戦するかなんていうのはその人によって変わっていくのですが。


別にそれが娯楽だろうがなんだろうが、自分のことなので他人が触れることではないのですね。
大学生にもなってカードゲームやるんじゃないよ!という話が一番理解できるでしょう。
その人はとてもそれが好きでやっている。だからそれでいい。


好きで好きでしょうがなくて、これを道にしていきたい。
そう思って勉強して、入った企業がカードゲーム関係だったら幸福でしょう。
好きでもなく、ただ流されるままにやっていたら何も成長しません。


この手の話をすると大抵「国語や英語関係の勉強をすればいいんだろ?」とおっしゃる人もいるわけなのですが、そうではなく例えそれがとんでもなく世間から見たら恥ずかしい行為であってもやり続けるものです。


何もその手の勉強をしろだなんていってないのですから。
暇は人を堕落させる悪魔のような存在でもあるが、それを自分の力に変えればおのずと成功するようになっているのです。


自分で決めた道を進んだ人のほうが世界見たら成功しているのですよ!ふぁいとです。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:何かを続けることの二つの重要なこと。絶対に意味のなかったことなんてない!!