幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

漫画村に続く海賊版サイトが名指しでまさかのブロックを政府が決断!?

政府、海賊版サイトブロッキング推奨声明で「Anitube」がトレンド1位に SNSではブロッキングを悲しむ声も


 菅義偉官房長官は4月13日、日本政府が「海賊版サイト」としてブロッキングを推奨する3つのサイトを名指しで発表しました。名前があがったのは、かねてやり玉にあがっていた「漫画村」と、動画配信サイトの「Anitube」と「MioMio」。書籍の海賊版を扱う漫画村とは異なり、Anitubeはその名の通りアニメの違法配信、Miomioはアニメ・実写動画の違法配信が主なコンテンツのサイトです。


nlab.itmedia.co.jp

おはようございます。結城です。
漫画村の騒動から次なるものへと変わっています。
今や漫画村以上に問題視されているものですね。


いわゆる海賊版サイトと呼ばれるものです。
どこにいってもこの手のニュースを見るようになりました。
中には悲しいと思う人や、しょうがないと思う人も現れましたね。


Twitterのトレンドなんかでも1位になっているくらいにまで大きな問題になっています。
問題になった原因の一つとして『 地方では放送されない 』あるいは『 放送が遅れている 』
いってしまえば、ネタバレに関することですよね。


ほとんどの人は『 ネタバレは嫌い 』です。
東京などの大きな場所を除いて小さな場所だと、放送がかなり遅れますし。
ネットを見ればすぐに話の内容が見えてしまうのですね。


放送していない地域や遅れている地域からするととんでもないくらいに悔しいというものですね。
その結果海賊版サイトを使っての視聴に走るわけです。
しかし、この海賊版サイトが問題挙げられているのは『製作者に一文も入ってない』というのが原因なのですね。


海賊版と言えばそのようなものばかりです。
逆に製作者にお金が入っていればそれは海賊版とはいわずして、普通のものとして考えれますしね。
漫画村もそうでしたし。政府はそれを踏まえての行動だったのかな?と考える人は多いでしょう。


僕からの言葉としては、いつかはつぶれるものだと想像はできていましたし。
第一に僕リアルタイムで見る側の人なのでね。
大抵ネタバレしたくなかったら、その情報を見ないようにすればいい話ですし。


どうなることやら・・・
以上です。ありがとうございました。



関連記事:『朗報?』無料で読めるサイト『漫画村』がついに閉鎖!?運営も失踪との噂もでているもよう・・・