幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

何もやることがなくなった!からのその人の判断によって結構面白い人生になったりする。

f:id:minticecream:20180414064115p:plain


おはようございます。結城です。
まず、この記事において準備するものがあります。
1週間の日程を思い出してください。


月火水木金土日
並び順はどうでもいいです。
この1週間をよく見てください。そうすると何か思い当たることありませんか?


あ、普通な日常だなーとまあ思うでしょう。
では次に休みの日について何をしているのか?を考えてください。
もしかしたら、業種によっては休みがない!と言う人もいるかもしれないのですが


正直休みのない日がある職種にいる人は好きで行ってるんでしょ。と僕からは言うので
書くことはないです。嫌ならやめましょ。
休みの日に何かをする。もしかしたら疲れ切って寝ているだけの可能性もあります。


よく老後に何しようかなー
老後は何か趣味を見つけないとすぐに認知症やらボケになる
このように言われいます。ここ最近ではスマホ認知症というものまで現れました。


これに関しては、また別のものなのですが
実際『趣味がない』と言う人が多いわけです。
仕事でも休みの時間ただボケーとしているだけで終わる人もいるのです。


実際それが趣味!と語るのならいいのです。
僕も、趣味の一つにただ横になって空を見るだけのものがあります。
別にその人がそれが趣味だ!と答えれば趣味になるわけです。


しかし、世の中そんな甘くないものです。
悲しいことに、その趣味本当に楽しいの?その趣味僕なら気が狂うから嫌だわー
このように頭ごなしに否定する人がいるわけです。


こればっかりは悲しいお話です。
勝手にしろって話ですけど、人は何かをバカにしないと生きていけない生き物なのでね。
何かより秀でてる?ところがないと、嫌だと思う生き物です。


ある人が自慢したら、それを聞くある人は「だからなに?つまらない」と
人生つまらなさそうな人が多いわけです。結果趣味と呼べるものもなくなるものです。
自慢もできなくなる環境になるわけです。


ただ、そんなのは無視しといて本当にやることがなくなった!
周りを見ずして行動する!些細なことでもいいです。
思ったら即行動をすればもしかすると、本当に自慢のできる。周りからは称賛されるようなことが起こる可能性ってありえるのですね。


例えば、僕は面白い形の雲を見つけることをしようかなーと暇な時間に思えば
すぐにそれを行動したほうがいいです。
ノートなんかにそれを書いていき、今はネットの時代ですし、同じ趣味の人がわんさかいます。そこで情報を共有したりして、本当の趣味になることだってあり得る話です。


そこには、否定する人はいません。
同じ趣味を生きる人たちに否定はいないのは事実です。
否定すればその人がなぜそこにいるのかわからなくなりますしね。


そのようにして暇な時間を使っていくのです。
もしかしたらそこから、本を出してお金を得ることだってできる可能性すらありえるのですよ。
雲の形とか子どもたちは好きそうじゃないですか?


暇だからこそ思ったことをやるのです。
寝るに関しても書いていいですし。夢日記なんか書いて自分でそれをもとにして『なろう系書いてみた!』もいいんじゃないかなー


以上です。ありがとうございました。



関連記事:時間がない!と言って手を出さないものって本当にやりたいことなのですかね?