幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

努力は誰にも見られないところで小さくコツコツ時間をかけてやりましょう!!

f:id:minticecream:20180416200127p:plain


おはようございます。結城です。
今の世の中というよりかは前からいたとは思うのですね。
ネットがここまで普及したから見られるようになったというのが一番なのかもしれないですね。


「努力が嫌い」「すぐに強くなりたい!」
このように思うのは自然なことです。ここ最近ではよく聞くようになりました。
一番わかりやすい例えばyoutuberと呼ばれる人たちですね。


一時期彼らを見て視聴者は「楽して儲けているくそ野郎」と罵っていました。
今はどうでしょう。それを言う人は昔よりかは少なくなりました。
それはなぜか?簡単です。実際とんでもない作業量だったからということですね。


誰にもできないから有名になるってものです。
これが誰にでもできるものなら、今生きている人すべてが有名人です。
実際問題誰にでもできることではあるのですけどね。


ただ成功するまでの過程の「努力」というものを嫌う人が多すぎて成功しないように見えます。
今はyoutuberになるのはオススメしないのですけどね。
上が完成されすぎているところがあります。それでも絶対にできないってわけじゃないみたいなのですけどね。


何か特別なものを持っていればおのずと上に上がるみたいです。
それが今のyoutuberの真実なのですが


やはり世の中見渡せば「努力をしない」という人は多いです。
年齢を重ねれば重ねるほど努力というものをしないです。
なんで?と思うのですが、理由は簡単です。「大人なのに恥ずかしくないのか?」ですね。


大体の人は「努力=恥ずかしいもの」として思っているはずです。
子どものうちは、努力と言うものの認識は大人になるためのものとして考えているかと思われますが
それが大人になると恥ずかしいものになるわけですね。


プライドが邪魔をするわけです。
年齢が高ければ高いほどプライドというものも高くなるものです。
結果的に本当に遅れた存在になるのですね。今の時代


とんでもないくらい早い進化が進んでいる中で努力というもの「勉強」をしないと一気においてかれることになります。
もはや努力に年齢なんて関係ない時代です。子どもだろうが大人だろうが、これから先のことを考えないと意味がないよ!って話です。
まあ恥ずかしいのはしょうがないので、やるのならだれもいないトイレなんかお勧めしますよ。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:
やる気がでない!やらない!といったことは、人をダメにするから嫌でも無理やりやるべき!! - 幽閉図書館