幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

「悲報」10~20代の悪意ある投稿が年々増えているみたいです。ネットって怖いなー

悪意のある投稿で「すっとする」10~20代が増加…若者はなぜ相手を中傷し続けるのか


 インターネット上の「投稿」に関する調査結果が先日、SNS上などで話題になりました。情報処理推進機構IPA)が公開した「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」によると、インターネット上に投稿した経験のある人のうち、「悪意のある投稿」をしたことがある人が22.6%。投稿後の心理は「気が済んだ、すっとした」が最多(35.6%)で、前年比4.3%増。特に10~20代で他世代より高い傾向が見られたといいます。投稿理由としては「人の意見に反論したかった」などが上位を占めています。


otonanswer.jp

おはようございます。結城です。
悪意のある投稿をしたことがありますか?
僕から言わせると「文字は本当に難しい」って話です。


書いている人が悪意なくても捉える人からすると悪意ある感じに見えてしまうものです。
それが原因で喧嘩になったりすることはよくある話です。
解釈の違い?ってやつですかね。


それでもSNSなどだと悪意ある投稿は結構あります。
ある人はコスプレを本気でやっているのにそれをネタにする人とかね。
そんなものが多いとそりゃー喧嘩が絶えませんってほんと。


ネットは顔が見えないからやりたい放題!とよく言われます。
それは誰もが思うでしょう。そうだよ!とね。
顔が見えないというのはある種完全防御システムのようなものだと勘違いしている人は多いです。


それを面と向かって言えるのか?と言うと大体の人は言えない!で終わるでしょう。
でも逆にネットだからこそ意見がいえるというメリットがあります。
現実の世界で、これこれ意見ありますかー?といっても本当はあっても言えない


大多数の目の前でこれ嫌だなんて言えない人は結構います。
しかし、ネットだと不特定多数の場所
それなのに自分の意見をずばずば言える人って多いのですね。


これを別の方法として使えばもしかすると、良い環境になるのかなーとは思います。
日本だとこれがまたひどい使われ方するのですけどね。
一番わかりやすいのがゲームの評価です。


ゲームの評価は日本だと相当ひどいものが多いです。
気分次第で評価が変わるみたいです。
それは評価とは言わずただの文句だよって話です。


これからの時代匿名というものがなくなりますけどね。
もう行われているかとは思われます。誰がどこでいつ何を書いたのかをね。



以上です。ありがとうございました。



関連記事:
インターネットをする上で確実に覚えておかなければならないこととして「誹謗中傷」はないことは決してない!!ということ - 幽閉図書館