幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

世界は広い!!米国のゲーマーがトルネードが来ているにもかかわらずゲームをしていたことが話題に!?

米国のゲーマー、本物の嵐に襲われながらも無視して『フォートナイト』をプレイ…避難後も「ゲームのことを考えていた」



海外メディアの報道より、米国在住の10代の少年が本物のトルネードに襲われながらも『フォートナイト』を遊び続けていたことが伝えられています。


news.nicovideo.jp

おはようございます。結城です。
日本でも大震災の時に有名になった人がいますね。
言葉と言う人もいるかもしれないですが。


世界にも似たような人はいるみたいです。
ただ米国の場合はトルネードって家が吹き飛ぶクラスのものと聞いているので
正直そっちもそっちでレベルがたけーなーとは思いますね。


最終的には緊急避難と言う形をとったみたいですが
面白いバカというようには言われるでしょうけど
逆にこの手の大きなときに面白くできるところはうらやましいと考える方がいいのかなー


とっても危険な話なので真似はしないように。
日本にいるとトルネードがどれくらい恐ろしいものなのかわからないのでね。
ニュースなどで見る限りですが、実際は本当に恐ろしいものですし。


以上です。ありがとうございました。