幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

新しいことを受け入れるといった簡単なことをどうしても無理な人は結構いる。

f:id:minticecream:20180804133818p:plain





暑さやばすぎ!!


おはようございます。結城です。
2018年というよりかは、もっと前からでしょうかね?
時代の変化というものが徐々にですが、やってきております。


今や動画収入だけで利益を得る人が多くなってきている中、やはりいまだにそれを受け入れられず、批判意見しか言わない方は多いです。
そもそも、この手の考えは古くからおこなわれてきました。
例えば、今となっては逆に進められるものである『本』ですね。


読書というものも最初は忌み嫌われた存在でした。
本を読むと頭が悪くなるということを言われるのは日常茶飯事。しかし、現代はそれが逆に頭良くなる要素の一つなのでは?
そのように考えられるようになり、ようやく受け入れられたわけです。


この本というのでさえも、相当長い年数かけて受け入れられてきたのですね。
今は電車に乗れば、本ではなく、スマートフォンをしている人ばかりです。60代~の人はそれを見て、思うことは「今の若者大丈夫か?」と思われるかもしれないです。
ですが、実際は「あなたが大丈夫か?」といった風になるわけです。


世界では、マイクロチップを体内に入れ、会計などが楽になる。電脳空間のような場面が広がっています。
進化を受け入れられず、そのままスタートダッシュでさえも遅れ、挙句には自分はそれでいい!と最後まで受け入れられなかった人の末路というのは悲惨なものです。
今のこの時代だからこそ、変化に柔軟に対応するのが良いのかとは僕自身は考えております。


別にすべてを受け入れろ!とまではいいません。職人のように昔からこれを貫いている!といったことも中にはあるのですし。
逆にそれが味になり、世界に受け入れられることも少なくありません。
日本の技術は世界でも絶賛されるものばかりですからね。


小さい島国だからこそ!なのかもしれないのです。それが幸か不幸かの話です。
日本と呼ばれる国は住みやすいですし、イージーなのかもしれないです。しかし、返ってそれが外の情報を得ようとする力を失わせている可能性も少なからずあります。
ニュースなんかは、今となっては情報社会の影響で、疑われ始めてきています。


ネットの方が真実!の時代がこれから到来してくるのです。
日本は徐々に対応してくるのでしょうが、世界はその数十倍数百倍の速度で変化してきています。
僕も乗り遅れてるんだろうなーと思いつつ色々な情報見てますね。


新しいことを受け入れろ!とまではいいませんが、いつまでも否定的な意見をもっていたら何も変わりませんよ?
以上です。ありがとうございました。



関連記事:世界的時代の進み方について、とんでもなく速いので、気を付けましょう!!