幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

まだ気づかない人に朗報!!『年齢=偉い』の構図はもうとっくの昔の終わってますよ!!

f:id:minticecream:20180808124903p:plain




おはようございます。結城です。
人は少なからず、一生のうちに様々な体験をしてなくなりますね?
その体験が良いことだったり、悪いことだったりとそれも人によってかわっていきます。


今や、ニュースでもたびたび報道されてきています。
若者による児童虐待といった問題。ほぼ社会現象といっても過言ではないくらいにまで発展しています。そもそもこの手の問題は昔からたくさん言われ続けていたのですが、ようやく世間の目に届くようになった!っと考えたほうがよろしいのかもしれませんね。


そんな最悪な環境から大人になった人と勉強をし何不自由なくただ単に社会にでて同じ会社に勤め続けて退職して、残りの余生は自由に過ごす!
この二つのルートのお話を聞くとしたら、この記事を読んでいる人は、どちらを聞きたいですかね?といったお話です。


細かく話を書いていないのですが、それでも半々に分かれることでしょう。
最悪な環境から、どのようにして脱出し今を楽しく過ごせているのか?未来はどのような考えを持っていたのか?などなど。
今の日本で会社に勤め退職といったことは、実に簡単にまとめられることとなり、一日一日を同じような感じで進んでいき、結果として記憶に残らないようなことになったりします。


しかし、前者の方に関しては、一日一日何が?どのようなことが起こるかがわかりません。
下手すれば、いつでも脱走できるのにしない!それは、のちにやってくる恐怖があるからでしょう。明日死ぬのかな?明日は今日よりも怖いことが起こるのかな?
そんなことを考えると結果的に一日一日の重みが強くなっていきます。


この体験を大多数がうけていることではないので、難しいのですけどね。


そんな例外がある中でも、SNSやその他のメディアを通じて情報を得ている若者、若者じゃなくてもその手のものを取りこんでいる人。
そのような人とただゴマすりをし、偉い立場になった途端下をいじめるようにして、最後は自分の手柄にし、その会社は倒産したり、転職した際自分はこの年齢までこのような偉いことをしていた!この年齢だから偉いのだ!といった害あるもの。


どちらの言うことを信じますか?あるいは、聞きたいですか?
ここ最近ニュースに取り上げられましたね。裁量労働制の自主点検結果の公表。
自主点検の結果でさえも、違法をしていたとされる企業が多くありました。


このような違法をしている企業の上層部の多くは、バブルを体験し、豊かな暮らしをしていたとされるものたちばかりでしょう。
年齢=権力、偉いぞ!いった古き考えがいまだに残っているのです。
結果として、このような俺がルールだ!といった感じのことをしてしまう。


このニュースでもし抜き打ちなどをした場合、もっとひどいことが起こるでしょうね。
下に有能がいても、無能が上にいれば無能になる。
自分のおもちゃのように部下を使う。結果やめていくが、何が原因か本当にわかってない。


考えようとしてないのが丸見えなのですね。
会社は倒産し、路頭に迷い見つけた職場では新しいものが取り入れられまくりのところであり、年齢だけでのし上がってきたものはいらないといった考えが当たり前になっている世界の中で、生きていくことができるわけがないです。


それでもわからない年齢厨の方は、新しい職場でも年齢を武器にし言い放つ。
しかし、今回の場合は自分が一番下なのを理解しておらず、周りからは距離を置かれる立場になるわけです。そんな感じの世界なのですね。今は。


『人は変わらない。』この言葉はとても良い言葉であり、とても悲惨な言葉でもあります。
どちらの意味でも捉えれる言葉だからこそ、名言もあるのかもしれないですね。
まだこのような考えの人がたくさんいることに驚きなのですが、いい加減周りを見ましょ。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:新しいことを受け入れるといった簡単なことをどうしても無理な人は結構いる。