幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

小説家になろうにて、同じ設定ばかりが存在しているけど、どれも大体投稿不振に陥るので、定期更新は重要だぞ!!

f:id:minticecream:20181002202841p:plain




おはようございます。結城です。
小説家になろうにて、暇あれば何か見ている僕です。
そんな暇つぶしに訪れているところなのですが、結構投稿頻度がまちまちなことが多いです。


それもそのはず、今世で出ている有名な作品もそうなのですが、ヒットするまでの時間がとても長いのが原因ですね。
ヒットしても、そのまま定期更新ができるかどうか?と言われたら不可能となることもあるでしょう。
ネットでは叩かれまくっていた『異世界はスマートフォンとともに。』こちらの作品は、何を言われようが、週1更新を大体約束されているのですね。


結果として、売れる要素はあったということです。
その設定もそうなのですが、やはり読者をひきつける要素の一つとしては、約束された更新ですね。一か月に1回でも、人は付きますが、それが不定期な場合は、訪れるのも億劫になるわけです。


実は、当ブログも毎日やりたいのですけどね。ただただ、めんどくさいの一言です。
大体そこらへんで言われる。収益化も当ブログ何も手を付けてません。
それもあるのかなーといった感じではあります。


すべてをめんどくさく投げてしまった場合、だらだらと日だけたって何も生まれないのですね。個人的に小説家になろうに訪れてわかったことだと思います。
第一に同じ場所に行くまでの努力が相当必要なわけです。


誰しもが毎日同じことをし続けるのって相当難しいのです。
試し何かをやってみたらわかるかと思われます。それが、新しく挑戦しだしたことだとかですね。最初は小さいことだとは思うのですが、結果的にはとても大きな行動の一つだとわかるようになります。


youtuberもそうです。日々何か新しいことを考え、自分なりの個性を強くださなくてはいけない。それは、トップであってもそのようにしなくてはいけない。
ここでいいや!と変化や進化を停止させれば、あとは落ちていくだけと考えられています。


怖いものですなー正直な話。
しかし、それが自分の進んだ選択の一つだとしたら、良いのかもしれないですね。
僕もいつになったら、変わるのだろうなー


こればっかりは、反省しなくてはいけないレベルの問題です。
以上です。ありがとうございました。



関連記事:同じことを淡々とする行為、これ実はすごいことなんですよ?