幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームのイベントによる周回は基本的にかなりぶん回すのを考えないと攻略自体厳しいことが多い!!

f:id:minticecream:20181103133320p:plain




おはようございます。結城です。
今の季節大体のゲームでは「ハロウィンイベント」なるものが実施されています。
僕も様々なゲームをしているので、その手の期間限定イベントは結構見つけてはやり進めています。


ハロウィンイベントのほとんどは短い期間でいかに楽しませるか?となっており、着せ替えができるゲームなら着せ替え。
お話などの物語メインに進めるものもありますし、ゲームそのものもあるものです。
その中でやはりということでも、必ず行う作業が「周回」となっていきます。


周回に関しては、当ブログを見ていただければ様々な記事が存在しますが、それほど周回ゲーなるものは厳しい!!とされることが多いです。
今は終盤近くなっているゲームも多いでしょう。それでいてより終わりに近づけるかがキ-になっていきますね。
ゲームに参入してくる人が年々増加していると噂されています。やはりそれで言われるのが初心者によるお話です。


ゲーム初心者の大半は、イベントって何のこと?と思われるはずですし、第一にイベントと呼ばれるもの自体知らないこともあるでしょう。
少しかじったことがある程度!と言う人でもどこまで進めればいいのやら・・・などの疑問にぶつかることが多いです。
それでいて、いざやろう!としても、終わりが見えないから最後がわからない攻略を見てしまい、そんなにしなければならないのか・・・やめよの悪循環に見舞われてしまいます。


なので、個々で言えることと言えば、簡単にですが、ゲームのイベントは最初からぶん回し覚悟で挑まないと終わらわないぞ!ということです。
そのように先に長いと考えておけば、なーんだ短かったわという感想がやってくれば、おのずとそれでよしとなります。
かえっていつまでなのーなどの考えをしてしまえば終わりとなってしまうのがゲームの怖いところです。


何事もモチベというのは大事です。
大体のスマホゲームに言えることです。周回メインとしているものが多いです。コンテンツの作成に関しては考えると結果的に周回に回ってしまうのですね。
ミニゲームなどだったら、もっと面白い形でなるとは思うのですが、基本的にメインは戦闘なのでね。


ゲームのイベントは、最初から長く考えよう!以上です。
ありがとうございました。



関連記事:ゲームの周回はもうとっくの昔にエンドコンテンツの枠から外れているのかなーといった話。