幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ハロウィンという『子ども』たちが楽しむための祭りには子どもたちが参加する。

f:id:minticecream:20181103134311p:plain




おはようございます。結城です。
ハロウィンいかがでしたでしょうか?
様々なニュースが飛び交う今現在。日本のハロウィンのニュースは留まることを知りません。


一部からは、暴徒化。ストレス社会の結果として言われています。
最終的にはオフ会においてのやり作戦などが結構されていることでしょう。
喧嘩なども絶えない渋谷のハロウィンでしたね。僕はいきませんでした。


ハロウィン自体もともと日本にないイベントであるため、日本で騒ぐことがおかしいのですが
正直それを商売としてや日本のようは様々なものを受け入れるといった寛容な心が根付いてしまったのかもしれないですね。
バレンタインデーも一緒ですし、クリスマスなどもそうです。大体宗教などによる行事が日本にやってきたことが多いです。


別に海外のイベントを日本でやるのは悪いことではないですし、これから日本も変わっていきますし、海外が何をしているのか?といったことも考えなければならないはずです。
いつまでも島国で孤高のような生活をすれば、気が付けば手遅れになっている世の中です。
なので、別にイベントや行事を受け入れ共に分かち合うといった行為自体は悪いことではありません。


しかし、それは本来の意味を知ってのことであり、渋谷のようなただ騒ぎたいだけの集団とは違います。
昔の若者はこうじゃなかったといわれていることもあるのですが、昔と今も何ら変わりないという人も中にはいます。
何でもかんでも繰り返す世の中なのかもしれないといったら終わりなのかもしれないですね。


ただ、何しに渋谷にハロウィンをしにいくの?という疑問は結構あります。
騒ぎたいだけ!話したいだけ!今のストレス社会がそうしたのか、元々そのような人が多かったのか、集まってしまったのか。
理由は様々存在しますし、世界でもそのような行動をする人は数多く存在します。


まだ凶器などがなかったのが幸いなのかなーとは思いますね。
来年が結構楽しみではあります。どのような判断がなされるのか・・・中止が本音だといいのですけどね。
以上です。ありがとうございました。