幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲーム実況にうまさ求めるのってやっぱり間違っているのかね?時代によって意味が変わっていくのは面白い!!

f:id:minticecream:20190211140801p:plain





ゲーム実況は素晴らしい!


ゲーム実況。
これは、僕が見ていたころは「うまさ」といったプレイング動画に対しての言葉でした。
今は意味が変わり、実況ということでも、そのゲームの内容を話しているわけではなく、面白さなどのそのゲーム含めた「バラエティー要素」が組み込まれるようになりました。


それは時代がそれを求めていると考えることが可能です。
もう「うまさ」や「上手さ」などのことではなく、面白さへと進化していくゲーム実況という存在。
僕自身昔のようにうまさを追求したものを見たい層にとっては悲しい時代の移り変わりと考えることがあるのですが、今のゲーム実況を見ているとすべてをそう思わない方が良いと感じることが多々増えてきました。


ただ面白い!暇つぶし程度に眺めることができるといったことが可能であり、ホラーゲームような怖さを売りにしたもの、難易度の高いゲームを売りにしたもの。
それらの要素を持っているゲームをプレイしてもうまくできない人にとっては、ありがたい存在なのかもしれないです。
僕自身もホラーゲームは苦手な類のものであり、タイトル画面から身動きが取れないほどの恐怖心を抱くものもありました。


しかし、ゲーム実況にそれが変わると問答無用で先に進む形になり、見たくなくても見なければならないといったことが反映され、結果的に見れるようになった!と喜べるようにもなりました。
結局は自分でやるのが一番良いのですけどね。それでも今のゲーム実況という存在は、なくてはならないのかもしれないそう感じる瞬間をいくつも見ています。
一部は、問題を起こしたりと悪評があるわけなのですが、それだけですべてを決め付けるのもおかしなお話です。


今までにないようなことが増え、それを認知し、最終的には自分がそれをしていく方にうつっていく、それだけでも面白いお話なのですが、色々な趣味などがあるんだなーと常々思います。
ゲーム実況に関しては、まだヒットしてからそう年月が経っていません。これからさらに進化していくのですが、次にやってくるものは、一体何なのか?とワクワクが止まらないですね。
ものは試しで、だまされたと思ってみてみるのは良いですよ。とりあえずヒットしているゲーム実況を見てからです。


以上です。ありがとうございました。



関連記事:ゲームに対する考え方が変わった今だからこそ「プロゲーマーの定義」も広くなっていくが一般とその道とでは違いを知るのは難しい。