幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

音楽ゲームの新規プレイヤー参入が難しい5つのこと!!

f:id:minticecream:20190216081402p:plain





音楽ゲームのつらさ


音楽ゲームといったらまず思い浮かべるのが「ゲームセンター」ですね。
こちらは大体代表的なものが数多くそろっております。
その中でも「太鼓の達人」などはよほどの努力をしない限り新規プレイヤーは入りずらいとされています。


もはや新規プレイヤーが参入すること自体難しい環境の中それでも有名どころはまだまだやってくることは多いです。
そもそもなぜ?新規がこの手の音楽ゲームに入りずらいのか?なのですが、それが以下のものになります。





1.歴史が長い


太鼓の達人に関しては、今ある有名どころの音楽ゲームと比較すると相当長い歴史が存在します。今や音楽ゲームの代名詞ともされているほどなのですね。「サウンド・ボルテックス」なども古くから存在するゲームなので、それほど新規プレイヤーの参入は難しいとされています。





2.プレイヤーの質


昨今のゲーム事情は上手なプレイヤーでさえも、憎まれ罵られるといった暴言を吐かれることが多いです。やはりそれは新規プレイヤーの参入を拒むといったことに影響します。
スコアバトルみたいなものは、実力がそのまま反映されるので、その部分で争いが起こります。





3.努力がすぐに実らない


現在のゲーム全般に言えることなのですが、多少の努力をすれば最悪かなりの強さに自信をアップグレードすることが可能です。
しかし、これは、アクションゲームや音楽ゲームといった分野からすると馬鹿にされる要素の一つになりえるのです。


なぜならば、1週間、1か月続けて努力しようがプレイヤースキルが重視される分類のゲームはすぐにはその実力が開花されることがありません。
壁が必ずやってきては、努力して突破するのを嫌う人はやはりすぐに撤退してしまいます。





4.同じゲームが長く続かない


スマホゲームといったものがあり、誰もが無料ゲームで複数やることが多くなりました。
したがって、音楽ゲームといったものに関して力をそこまで注げることができない人もでてきました。





5.機器に左右される。


音楽ゲームスマートフォンでもあるのですが、それはそこまで多くはありません。家庭用ゲームやゲームセンターが主としており、それは機械のスペックに依存することが原因であります。そもそもスマートフォンは携帯ですので、それをゲームとして使うのが間違った考えであると僕自身思います。





音楽ゲームの新規プレイヤーの参入が難しい理由のまとめ


様々な意見があるとは思うのですが、やはり音楽ゲームが世にあまりでてこないといったのが新規プレイヤーがやってこない理由なのかもしれません。
ここ最近ではゲームセンターが閉店することが多くなり、それは音楽ゲームの衰退にもつながります。


その点で見れば「太鼓の達人」はどのハードでもできるシステムなため、成功したのも納得です。
音楽ゲームは楽しいものです。一度やってみるのも良いですよ。
以上です。ありがとうございました。