幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

世の中の多くの人は他人から認められたい欲は必ず持っている。

f:id:minticecream:20190312132011p:plain





認められたい欲求


欲というもの自体あまり好印象ではないとされております。
しかし、これは表ではそう考えており、裏では実際欲なしでは生きてはいけないのが人であります。
ここまで知能が優れており、思考が柔軟である人であるため、自分以外の他者からの介入あって自身の存在が確立しているだろう!とそう考えたくもなります。


つい最近のニュースでは、インスタ映えを狙ってさも本当に舞台になったかのような場所に訪れる迷惑行為をしている人が多数いるとありました。
これもすなわち欲の一つであり、こういった問題が明るみに出てしまえば、欲はあまりよくないのではないのか?と感じざる負えません。
ですが、人は欲なくして生きていくことができません。最初から0の状態であれば、生きている意味がそもそもないわけですからね。


今回のニュースのインスタ映えを擁護する気はさらさらないのですが、僕からすれば欲に忠実な人たちにはかえって憧れなどもあったりはします。
実際にする気はないですし、不法としているので、オススメもしません。それでも自身の投稿を見てくれる人がいる!といったことが起因して、そういった不法であってもしてしまう心理が働きます。
これは、今まで誰にも認められてこなかった人がする行為だと僕自身思いますね。


youtuberといった今までとは違った異種の職が現れ、表では楽に稼げるとされており、それらが出てきてから世の中は確実に変わっていきました。
ゲーム実況者のニコニコで行われた古い会議では「お金や有名」の文字が現れ、ユーザーの中では失望した!幻滅した!といった声もありました。
結局はお金なのか?と有名なのか?と怒る人もいましたね。


ただ、変化ある時代にこういった異種の考え方は正解なのかもしれません。
人生の正解なんてそもそも存在していません。学生生活が終わって社会人やって60で定年してあとは老後死を待つのみ。
そういった敷かれたレール方式から逸脱した行動をとったほうが何かと楽しいのではないのか?とようやく認知されてきているのです。


別に会社に帰属するのが悪いということではないのです。
それを幸せとする人もいるわけです。普通という存在が、よりいっそ難しくなる今の時代の中、普通を考えるより、先のことを考えたほうが適合するのかもしれないですね。
インスタ映え不法行為を擁護する気はありませんよ?世の中には、認められたい!といった欲求が強く出る人が、より増えてきたというお話です。


以上です。ありがとうございました。


関連記事:自分自身を褒めることがいかに大事なことなのかは、実際にやってみればわかるはず。