幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

何かにつけて行動しない人は結局何も結果を生み出さないことを知ろう?

f:id:minticecream:20190319140437p:plain





動きましょう


これは結果が見えている。
これはこうだから、あれはこうだから。
何か行動する際に結果を見据えて行動している結果脳になっている人いませんか?


僕も少なからず、そういった感じの考えをしており、結局だめなのではないのか?そのように考えてしまうことがかなり多いです。
何をするにしても、すぐに結果に結びつかないことに関して嫌になってなげうってしまうといったことも少なくありません。
今や情報がネットにかなりある現代に共通することとしては、こういった考えの人は何にもなれないらしいです。


正直この手のお話は、さんざん見てきていますし、僕自身もそう感じています。
反響というものはそれほど重要なものだと思いますし、行動に関しても人を成長させる要素の一つとして考えております。
結局自分から進まなければ何にもなれません。仕事をする理由もただお金が欲しいからといった理由の人の方が大半をしめていることでしょう。


理にかなっていると言えるこの行為です。しかし、現在大手企業さんでも悩みに悩んでいる状態がニュースにおいて多く報道されてきています。
正社員に関しても疑問を持つ人も多くなってきています。待遇に関することですね。いまだに根強いブラック体質といった考え。
社員にもブラックと呼ばれる人も数多く存在しているといいます。結局変わらない両者の考え方によって、優しいとされる人ほど搾取されるようになってきています。


そういった局面に落ちたときに、あれはあれだ。これはこれだと頭で結果であたかも失敗することが前提のように考えていては何も始まりませんし、ただ搾取されるだけになることでしょう。
人は自分を守ることに重点を置きすぎている。といったことも本では書かれていることなのですが、それはまた別の意味で自分を守るといった行為ではなく、ただ変化に対して対応するのがめんどくさいといった考えの方が強いかもしれません。


環境の変化に関して、新しいことに関しての挑戦は精神をすり減らすかもしれません。しかし自分での行動は時に失敗はするにしても、その失敗が成長の糧になることは十分ありえます。
40代や50代になって、失敗をしたときにやってくるのは、大きなものの場合が多いと聞きます。若いうちに失敗をし続けろ!ということはこういうことを言うのかもしれませんね。
とりあえず、小さきことから挑戦へ!!


関連記事:最初は無理!と思ってもやってみようの精神はとっても大事です。