幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ニートや自宅警備員ほど「不安定な精神」をしている人は他にいない。

f:id:minticecream:20190319142742p:plain





ニート


世の中のニート(=自宅警備員)たちは、報告件数が増えています。
ニコニコ全盛期のときは、探さなくても見つかる場合が多かったですね。今は彼らがどうしているかはわかりませんけどね。
今やそれはyoutuberとなっている場合も多く、ここ最近では活動がニコニコ外になっている人の方が多いです。


別にニート自宅警備員が悪いわけでもないですし、家庭がそれを許すのなら別にこちらはどうでもいいお話です。
ただ、大体の場合何も問題が起きず引きこもっていることもあるといわれ、逆に甘えのような人もかなり多いといわれています。
そういった人たちの影響により本当に辛い人も甘えとして見られてしまうケースも少なくありません。


youtubeに活動がおかれている方に若い人も数多く存在します。
それで生活できているのなら、まだしも借金を背負っても活動している人もいます。
そういった問題を抱えながらも、自分は不幸物語の主人公のような立ち振る舞いをしています。


見ている側からしたら面白いのかもしれません。
結局彼らの選択した答えなので、こちらが言う理由もありませんしね。
ただ、彼らのような本当の意味での「不安定な精神」といった病を患っている人は他には決していないだろうと思えるところもあります。


僕も一時期ニートの時期があるわけで、わからないといったことではないものです。
どんなに過去が明るくても、結局一度引きこもってしまってしまえば、最後外界とのコミュニケーションがシャットダウンしてしまいます。
したがって、人との関係に恐怖をしてしまうのです。対人恐怖症とまではいいませんが、それに似たものとなります。


人はやはり怖いものです。向こう側もこちらを同様に怖く思っている人も多いのですが、それを両者が知ることは決してないことでしょう。
やはり引きこもりの人は怖いと想像する人も一定数存在し、何か変な行動をするのではないのか?と疑問視することもあります。
引きこもりは、相手が引きこもりなことをしって、遠慮せず何でもするのではないのか?といった悪循環に陥ってしまいます。


結局引きこもりは、それらすべてがないため、外界とのコミュニケーションがまったく取れなかった影響もあり、不安定な精神のまま崩れ落ち
やがてまた引きこもりになってしまいます。
脱出する方法は肉親やわかってくれる人でないと極めて厳しいです。


赤の他人がいっても聞き入れてくれないのが現状ですしね。
ちょっとしたニュースでした!以上です。ありがとうございました。



関連記事:ニートの多くがなぜ?性格が悪いと言われているのかについてのちょっとした答え