幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

特定の人達が言う「時間の無駄」が僕にはよくわからない。

f:id:minticecream:20190402094605p:plain





特定の人達が言う「時間の無駄」が僕にはよくわからない。


人は他者を否定するとき「それ時間の無駄じゃない?」と話す場合があります。
大体これって、趣味に関して言えることなのですよね。
もっとも言えることならば、ゲームやアニメといったオタクジャンルのものです。


それにお金を大量に使って何になるの?何か利益あるものに変化するの?何が残るの?だったりと、時間の無駄とニュアンスの似ている言葉がたくさんでてきます。
しかし、他人が否定したそれは、本当に無駄なことなのか?とこれらを見て、聞いて思うところがあります。
第一にここ最近で変なニュースにもなりましたが「3年A組」のドラマですね。


あのドラマからはあるメッセージが込められているとされていました。
SNSなどのインターネットにおける注意点です。これはTwitterなどで瞬く間に広がり、ことある毎にそれを見てみろ!と話す人もでてきました。
このように、周りからはくだらないかもしれないものであっても、確実に1人はそれを見て、聞いて理解できる人がいるものです。


時間の無駄を広げた場合、そもそも人が生きていることが無駄なのではないのか?と行きついてしまいます。
学校の授業であっても、大人になったら使わないものばかりです。そしたら、それは無駄になりますし、今勤めている会社でさえも、別のところで使わなければ無駄になります。
視野を広げると、こういった見方に変化していきます。そうなれば、この世の無駄ということが決してなくてはならないもの!と思えないように感じますね。


オンラインゲームでは、アイテムのドロップ率が極めて低いとされています。
しかし、求めることをし、ようやく手に入れた。これはその過程を見ていけばわかることです。
長い間周回に使っていた労力は、できる!と人を成長させるようそに変化します。結果、その人は長時間努力ができる証明にもなるわけです。


アニメのほのぼの系では、日々の楽しさが描かれていることが多いのですが、そこからも見つけることが可能であり、すべてにおいての時間の無駄!と全否定するのはかえって間違いなのかもしれません。
今頭ごなしに批判している人は、それに触れてみてください。もしかすれば、変わった考えを持つようになるかもしれないですよ。
すべてを受け入れろ!なんていうことは、お話していません。なので、ちょっとかじる程度でいいのです。


その道にすすでいる人と対等になろうなんていうのは、さすがにムリゲーです。
しかし、ニワカになることは可能でしょう。


以上です。ありがとうございました。


関連記事:趣味をバカにする人いますが、趣味に膨大な時間を注げる人って普通に考えて、素晴らしいのですよ?