幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームは思っているほど良いものである7つのまとめ

f:id:minticecream:20190521151559j:plain


おはようございます。結城シキです。
昨今のゲーム事情は素晴らしいと言わざる負えないレベルにまで人気度が飛躍的に上がってきています。
そのため、知らない人もゲームの魅力について触れてみたりと機会が増えてきていると思います。


そんな中やはりゲームはどうして魅力的なのか?と疑問に思う方も多いはずです。
今回は「ゲームが素晴らしいとされる理由」をご紹介します。








独自の世界観に浸れるようになる。


ゲームは自分の世界を作れるようになれます。
これは、集中によるものでもありますし、物語やシステムによって入り込むことになる場合もあります。
そのため、楽しいや自分にしか知れない情報が山のようにあるとして、自信や満足度が増していくようになるのです。


自分の独自の世界を作り入り浸れるのは、誰しもが望むことでしょう。
人は自分の世界を持つ領域があります。そこに見ず知らずの人が入り込むと違和感を抱きますよね。
それがゲームではオフラインなら特に、入り込むことができないため、自分なりに楽しめるようになるのです。





体の運動に繋がる


ここ最近の発表で指を使うからボケの防止にもなり得ます。
このようなニュースがありました。そのため、ゲームをするようになった60歳以上の方が増えていると聞きます。
さらに、これからもっと伸びるであろう「AR&VR」の仮想現実を使ったもので、外の世界にでてもゲームができるように進化します。


僕のような外が嫌いな人種からするとムリゲーになるのですが、運動をするゲームはなかなか良いものなのですね。
ポケモンGO」なんかが、それにあたります。エンジョイでやる分にも相当運動しますし、何と言ってもガチ勢レベルになると、日本を飛び越えたり端から端まで進むといったこともあります。
もはや、一種の競技のようにもなっていますが、楽しく運動ができるようになるのならば、それはそれで願ってもないことなのです。





コミュニケーションが取れるようになる。


これについて疑問に思う方もいるかもしれません。
一昔前は一部の人だけでしたが、今はこれも少なからず視野に入るものになっています。
それは「オンラインシステムの当たり前」になります。


人は相手の顔をみなければ、コミュニケーションが取れる人が数多くいます。
顔を見ながら会話するのって正直な話、ツライことが多いのです。相手の反応を待たなければいけないですし、顔色を窺わなければいけない。
本音も話すことができないといったある種のコミュニケーション障害のようなものが発症するのです。


しかし、相手が見えない状態であれば、気軽に会話もできますし、コミュニケーションというものは取りやすくなると思います。
一部リアルの会話でなければ、嫌という人もいます。僕なんかがそうですね。


関連記事:ゲームは情報を多く得ることが大切だということ - 幽閉図書館





協力や協調といったことを学べる


ゲームといったら協力と言われるくらいに、当たり前のシステムになっています。
そのため、ソロでも可能ですが、PTでの活動が多いです。なので、自然と協力関係になる可能性が非常に高いです。
ここ最近のゲームだと特にそうですね。ソロだとムリゲーとされるものが多くなりました。なので、同じレベルの人とPTを組んで戦わなければいけなくなりました。


その分楽しさも二倍であり、何ならそこから築くことができるコミュニティーもあるのです。
これをそのままリアルに反映できるようになれれば、より仲間も増えるようになることでしょう。





人の心情などの喜怒哀楽を得れる


ゲームには物語が備わっています。
なので、物語を中心としたゲームをしていくわけです。
リアルの世界では決してない戦争を舞台にしたものが多くあり、人の心情や怒りといったこと。


基礎的な感情の部分を見ることができます。
もちろん真実ではないかもしれませんが、似たようなことが確実に起こりうる可能性は少なくないと思ったほうがいいかもしれませんね。
動作や顔の表情まどもが今やクオリティが高くなっているため、どんなに人の感情に疎い人でも、それを見て「へー」とはなるはずです。


関連記事:「好き」の感情は特によいものであり、人の幸せにも影響する。 - 幽閉図書館





自らの才能を見出すことができる


ゲームに求められるものは、非常に多いです。
五感をフル活用するものもありますし、一定の人間を超えた力を必要とされることもあります。
そのため、自分がどこまででき、どこまでの力を持っているのか?才能は何なのか?といったことを見出せるようになります。


これはなぜなのか?なのですが、単純にゲームの種類が多いからです。
一つの作品でも、RPGメインだったものが、突然激ムズ音楽ゲーに切り替わったり、ボタン連打が突然現れてタイミングよく押す要素が入ってたり。
求められるものが変わっていきます。なので、その都度攻略していかなければいけないので、それなりに能力も多く必要とされるのですね。





単純に教育に備わらせることができる


教育ができます。と一言書いてもわからないかと思われます。
しかし、ゲームでの教育が可能なのですね。先ほどから書いてるものに付け加える形になるかもしれません。
歴史、英語、実験そういったことを楽しく習えるようになるのです。


歴史なんかだと特に戦国時代をよく活用されますよね?
織田信長が「悪魔」「女性」「幼女」「剣」「魔王」「獣」と忙しいレベルにまで、変化していますが、元をたどればほとんどが同じルートになっています。
細かな部分で違ったりしますが、多少なりとも覚えることが可能です。


映像や自分での選択で行動を起こす系のものは、より鮮明に記録することが可能です。
その点を見れば、ゲームは素晴らしいと言わざる負えないのです。


関連記事:視野を広げることの重要性についてお話します。 - 幽閉図書館





ゲームが素晴らしいとされる理由のまとめ


ゲームが素晴らしい!と思える要素は多くあります。
趣味の中でもお金をそこまで使わないものなのですね。初期費用が高いですが、いつまでも長く遊ぶことが可能です。
そして、新しいものを得ることでも、そこまで費用が掛からないのです。


貯金もできて趣味も楽しめるといった願ってもない一石二鳥ではあります。
一部例外ももちろんありますが、良い趣味ではあります。


ゲームはこれからもっと力が増していくと予測されます。
基本的なことをゲームで習う。それは楽しんでできるからなのが一番の理由だからなのではないのか?と思うのですね。
楽しければ、記憶に残ります。辛いものは、ただ辛いと記憶に残るだけなのです。


そう考えると、楽しい方に切り替わるのは自然なことなのではないのかな?
このように思いますし、それが一番良いです。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com