幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

ゲームの現実逃避は非常に最適であるというお話

f:id:minticecream:20190523185008j:plain


おはようございます。結城シキです。
ゲームというコンテンツで時頼現れることとして「現実逃避」に関するものがあります。
これはどうなのか?といったお話ですね。


危ないことかもしれませんが、今回は「ゲームは現実逃避に最適かどうか?」について触れていきます。








ゲームの現実逃避は非常に最適であるというお話


サブタイトルの時点で答えを出します。
これをすぐに知りたい人は多いはずです。なので、あえて書きました。
そして、理由を付けますが、その前にもう一度書きますね。


「ゲームは現実逃避に最適です!!」


そもそもなぜ最適なのか?の理由なのですが、これも簡単なお話ですね。


「自分の世界に入り込める」


これが答えになります。他人が干渉しない自分の世界は非常に良いものであり、小さいころに誰しもが自分の部屋を持ちたい!と思ったことでしょう。
一部例外もありますが、このように思った方は、自分の世界を作り引きこもりたいといった願望があるわけです。
結果として、ゲームの現実逃避は最適だ!ということですね。





日ごろのストレスなどを解消できればそれでよろしい


やはり、人は生きているうちに、必ずストレスに悩み苦しみます。
それをどこかで発散しなければいけません。
なぜなのか?爆発すれば精神的に不安定になります。


不安定になれば、そのままやってくるのは地獄のみです。
それを救えるのが、趣味であり、よく言われている「ゲーム」になるのですね。
ゲームは世界に入り込みやすい傾向にあります。これは、物語や集中力によるものだと考えています。


そのため、現実逃避というキーワードがやってくるのですね。
これを悪く思う方も多くいます。ゲームのせいで引きこもりになった。暴力的になってしまった。ニュースなどの報道により、暗い印象がかなり強くなっています。
しかし、こういった問題は始まりがあったのですね。異変があり、それがゲームになってしまっただけのお話です。


そして、僕が思うに、ストレスがゲームで発散できればそれでよいのかな。と思っております。


関連記事:ストレスの基本となる部分を簡単にまとめてみましたよ - 幽閉図書館





ゲームの種類によっては現実逃避ができなくなることもある。


現実逃避は「自分の独自の世界を形成し、ストレスなどを解消する」といったことが先ほどから書いていることです。
しかし、これはすべてのゲームがそのように使えるわけではないのですね。
これから「適さない」ゲームジャンルを書きますが、人それぞれなので注意が必要です。



ホラーゲーム

代表的といったらおかしいのかもしれませんが、ホラーゲームになります。
ホラーゲームの現実逃避ができない理由としては、まず「恐怖」ですね。
現実逃避はある種の「恐怖からの逃げ」によるものなのですね。


それが「恐怖から逃げて恐怖」といった悪循環になってしまいます。
これでは本末転倒ですよね。



感動が強いRPG

RPGは基本的にお涙頂戴のような物語が多いです。
しかし、それは別の意味での地獄を味わう恐れがあります。
物語が終わってしまえば、すぐさま現実世界に戻ってきてしまいます。


そのため、時間が限られてしまう恐れがあります。
何より、物語が終わると心に穴が開く人がいるかと思われますが、非常に悪いことであり、それに対しての現実逃避をしたくなっていくのですね。



3次世界に近いAVGおよびSTG


AVG・・・アドベンチャーゲーム
STG・・・シミュレーションゲーム


学園系が主な物語として描かれているものです。
特にハーレム系などですね。割り切って遊べる人はそれで良いのですが、感情移入が強すぎると、現実と比べてしまう恐れが発生します。
結果的に、独自の世界に入るには入れない中途半端になってしまうのです。


非常に満足のいかない状態に落ちてしまうために、結局やっている意味がなくなってしまいます。



これらのように一部ではありますが、現実逃避に適さないものがあります。





間違っても現実逃避=ゲームとは思わないように


一応書きますが、間違っても現実逃避目的にゲームをするのはNGです。
これが日常化してしまうと、やはり引きこもりや多額の課金をしてしまうことにつながります。


適してはいます。素晴らしいとされるくらいに独自の世界を作り上げ、他者の介入をできなくします。
これは別の意味での恐怖であり、いわば「諸刃の剣」なのですね。
独自の世界やストレスというものを解消すること自体危ない行為ではあるのです。


暴飲暴食なんかがよく指摘されるものでしょう。
同じですし、ある程度の決まりは作ったほうが良いのですし、目的を変えないでください。
これは、頭で考えるというよりかは体で決める方がよいです。


自然と体は動くものです。人間は欲に非常に弱い生き物です。
思考なんかは麻痺してしまうものであり、気が付いたらのめり込んでいた。そんな話は非常に多いです。
なので、間違ってもあたり前にはしないでくださいね。





ゲームは現実逃避に最適なのか?に対する答えのまとめ


現実逃避にゲームは最適です。これほど最適なものもないことでしょうと思えるくらいです。
他のものも良いのですが、自室にこもり、あまりお金を使わない、動かないなんていう現実逃避なんて、思い当たるものでこれくらいなものです。
読書もあるのですが、活字を読む人は少なくなってきていますし、今の時代苦痛で仕方ないかもしれません。


ゲームだとそれがなく、自動的に進みますし、感情移入もしやすいです。
妄想も文字主体よりかは、イメージしやすいものです。声優もついてるものが多く、ストーリーさえも読んでくれます。
これほど詰まっているもので、現実逃避に向いてない!とするのならば、逆に何が適しているのか?と疑問に思ってしまう限りです。


もしかすれば、僕がハマりすぎているからなのかもしれませんね。
以上になります。ほどほどが一番です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com