幽閉図書館

当ブログでは、主に私が疑問に思ったこと知っていることをただ淡々と書き綴っていく場所になっております。

【回避不可】習慣化しても逃げられないのが「飽き」というものです

f:id:minticecream:20190714125933j:plain


おはようございます。結城シキです。
習慣化がだんだんとできてきました。時間を合わせるのが難しいときもありますが、非常に楽にはなっています。


それでも怖いものがあるのですね。
ひとくくりでまとめてしまうところが語彙力のなさゆえなのですが「飽き」に関することですね。


今回はその「習慣化しても飽きはやってくる」ことについて書き綴っていきます。








習慣化しても逃げられないのが「飽き」というものです


当ブログ結構飽きに関する記事を量産していきました。
その大半がゲームに関するものなのですが、どれも基本的なものとしては続ける余裕がないになりますね。


いくら好きであっても、いくら毎日の習慣として組み込めていても確実に飽きからは逃れられないのです。
これは当ブログを見ていただければわかることかもしれないです。


開設してから数年経ちますが、毎日更新100日は一度も達成したことがありません。
ないはずです。忘れました。そのくらい、飽きということに関しては力が強く習慣化しても逃げることは不可能に近いですね。


これから何かを始めよう!と思っていたとしても、確実にやってくるのが「飽き」というものです。
どんな職人であろうが、何かを続けることは非常につらいというのが、身に染みてわかると思いますよ。


minticecream.hatenablog.com





誰でもできるようでできないのが「習慣化」です


毎日何かをしろ!だとできる可能性は高まります。
しかしこれが、毎日同じことを続けろ!になると、言葉としては簡単に聞こえてしまうかもしれないのですが、実際蓋を開けてみれば非常につらいリアルがそこにはあるのです。


ブログやyoutubeを見ていただければわかるかと思われますよ。
どんなに有名な人でも毎日更新を続けることができるのは、ほんの一握りしかいません。


多忙などの諸事情があることが多いのですが、トップを見れば毎日している人も多いのも事実
なので、多忙というのは果たして理由になるのか?とふと考えてしまうところがあります。


Vtuberたちが一番わかりやすいかと思われます。
下げることで使うわけではないのですが、生放送が多いですね。


動画より生放送が多いのは?という理由なのですが、単純にメリットが大きいから他ありません。
それも毎日するのは非常につらいことなのですが、それでも楽ではあるのです。


動画だと確実にネタを探さなければいけません。
今のyoutubeというのは、規制ラッシュが入っています。


そのため、いつ何の内容のものがBANを食らってしまうのか?というのがまったくわかりません。
そうしたことを考えると、非常にリスキーなものでもあります。


しかし、やりたいからやるのです。これは変わらないと思います。


minticecream.hatenablog.com





飽きからやってくる技術力アップもある


飽きや習慣化をすると、確実に効率やモチベーションアップの方法を考え出すはずです。
見ている側も買う側も毎日同じようなものですと、やはり離れてしまうのも事実


コアなファンでない限り、寄り添っていくのは厳しいと感じます。
そのため、日々変化を加えていくのです。これは見ている人をメインとしますが、自分自身のためにもというのも理由にあったりします。


一定の躓きやマンネリ化をすると、その時点で頭が働かなくなります。
なので、別のところから情報を得たり、真似したりして、技術力や知識をより高めることに力を注ぐはずです。


正直これをしなければ、ストップしそのまま横一線かと思いきや下がっていきます。これからはそんな時代です。
当ブログもちょっとした変化はあります。しかし、そんな変化も小さいことばかりです。


小さきことから徐々に大きくなっていくのが良いと考えていますよ。





習慣化をすれば楽しいと感じますが飽きには勝てません


習慣化をしてある程度慣れた頃くらいに必ず「楽しい」という感情がやってきます。
力を入れれば入れるほど、やってくるはずです。


どのくらいでやってくるかは人それぞれなのですが、基本的にやってこないということはないはずです。
どんなにつまらないものでも、続けていけば面白いと感じるのと一緒ですね。


あまりリアルのことを書くことはないのですが、少しだけですが、僕実は文字を書くことが非常に嫌いだったのですね。
何時間も作文のタイトルを考えるだけで費やしてしまったり、最初の一文字目をそれこそ何日も使ったりしました。


今となっては、何千の文字を1日に複数書くことができるようになりました。
こればっかりは習慣化もありますし、また別のものも関係しているのかもしれないと考えています。


それでも、そんなに嫌いであったものでも、ここまで書けるようになるのですね。
内容や文章のルールはめちゃくちゃではありますが、それでも伝わっていることは感じています。


今となっては、文字を書くことに関して楽しいと感じるようになっていますよ。
なので、習慣化というのは一つの成長なのかもしれないですね。





習慣化しても逃げられないのが「飽き」というものですのまとめ


習慣化をいくら貫いても飽きるものは飽きるのです。
それを克服するというのは無理なのです。どんなに天才だろうが、やってくるものは仕方がないのです。


なぜやっているのか?という疑問を持つかもしれません。
僕からすれば、ただ楽しいからやっているという答えがでてきます。


これがいつ?どこで?どのように未来で使われるかはわかりません。
しかし、もしかすれば、どこかで使えることもある可能性は十分あり得るのですね。


そもそもブログということをしている以上、誰かの役には立っていると勝手に考えております。
こればっかりは自己満足ですね。


これからも飽きはやってくると思いますし、一生付きまとうストーカーのような存在です。
それでもやれるところまではやってみたいと考えております。


以上です。ありがとうございました。


minticecream.hatenablog.com